レジンアートデザイナー口コミ評判

通信講座 ランキング

レジンアートデザイナーの注目度が高まっている

ハンドメイドの魅力に惹かれ、レジンアートなどを始める人がたくさんいます。日本デザインプランナー協会では、自分でオリジナルのレジンを作ることができる人に対して、レジンアートデザイナーの資格を発行しています。

レジンアートデザイナー認定試験に合格し、資格を取得することができれば、自分の作品をインターネットで販売することができるチャンスを得ることができますので、取得することで得られるメリットは大きいと言えます。日本デザインプランナー協会でレジンアートデザイナー認定試験を受験した人の口コミ評判によると、大好きなレジンアートを販売できるようにしたいと思って取得した人がいました。

レジンアートデザイナー認定試験に合格することができた人は、知識やスキルが一定以上あることを認めてもらうことができますので、販売する際に、他の人よりも高い品質の作品を提示することが可能です。

レジンアートデザイナーと素人との違い

レジンアートは、独特の透明感があり、多くの人が注目しています。美しく輝くビーズなどを活用して作られるレジンアートですが、日本デザインプランナー協会でレジンアートデザイナーの資格を取得した人と、資格を持っていない人では、大きな違いがあります。

レジンアートデザイナー認定試験では、基礎を把握し、道具の正しい使い方を理解した上で好きな作品を作ることができる人のみが合格することができる試験です。知識やスキルが無い素人がインターネットでレジンアートを販売しようとしても、日本デザインプランナー協会でレジンアートデザイナー認定試験を受けて資格を獲得した人に品質やデザインで勝つことは難しくなります。

日本デザインプランナー協会でレジンアートデザイナー認定試験を受験した人の口コミ評判によれば、ただ作るだけで飽きてしまったが、資格を取得すると言う目標ができたと答えた人がいます。自分の趣味で始めたレジンアートでも、ただ淡々と作るだけでは、楽しくないと思ってしまいます。

しかし、スキルを高めるために試験を受けると言う、目標を見つけることができますので、レジンアートを長く楽しく続けることが可能です。

レジンアートデザイナー認定試験の出題傾向

日本デザインプランナー協会では、レジンアートの知識やスキルを一定以上持つ人へ、資格を発行するレジンアートデザイナー認定試験を行っています。日本デザインプランナー協会では、レジンアートデザイナー認定試験に合格するためには、7割以上の評価を獲得することを求めています。

レジンアートデザイナー認定試験で合格するためには、試験で出される出題傾向をある程度把握し、対策を考えることが必要です。試験では、UVレジンの正しい使い方や、フレームを使った基礎的なテクニックなどに関する問題が出題されます。

レジンに関する基礎的な情報やスキルを持っていると認められた人であれば、合格することができますので、試験を受ける前にしっかりと勉強することが重要です。

日本デザインプランナー協会が主催するレジンアートデザイナー認定試験を受験した人の口コミ評判を調べてみると、いつかはネットで自分の店舗を運営したいと考えている人や、作ったものをプレゼントして喜ばれたのでもっと精進したいと答えた人がいました。

日本デザインプランナー協会でレジンアートデザイナー認定試験を経験した人の多くがレジンアートの魅力を再認識し、もっとスキルアップしたいと考えていますので、資格を取得するだけがゴールではありません。資格を取得した後も目標を見つけることができますので、取得して良かったと感じることができる魅力的な資格です。