POP広告・デザイン資格人気ランキング

通信講座 ランキング

POP広告・デザイン資格について

POP広告とは本屋さんや薬局、雑貨屋さんなどで見かける目を引くような可愛らしい手書きの宣伝のことを指します。カラーバリエーションも多くてそれでついつい購入してしまうということもあるかもしれません。そんなPOPのデザインは実はお店の人が手書きで行なっていることが多くそのための資格もあります。今回はPOP広告を作る上で役に立つような資格をランキング形式でご紹介します。

1位 POPデザイナー

主催団体:日本デザインプランナー協会
必要費用:10000円
詳細:この資格ではPOP広告のデザインに関して一定以上のセンスと知識を持ち合わせていることを証明するための資格です。レイアウトや配色などでそれぞれの広告に合わせたデザインができるかどうかが問われます。現在POPを作る仕事をしていてさらにレベルを高めたい、自分の能力の証明が欲しいという方にオススメの資格となります。

2位 POPライターインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格は人々の購買意欲を刺激するような広告デザインを工夫して作成することができる能力を身につけることや、アイデア力、それを利用したライフスタイルの向上を目指すものです。日本インストラクター協会はこのほかにもインストラクターの資格を多く取り扱っており、この資格を取得することで趣味としてのデザインのみでなく講師として自分の知識や技能を人に伝えることもできるようになります。デザインをさらにステップアップさせたい人にオススメの資格です。

3位 コトPOPマイスター検定

主催団体:日本コトPOPマイスター協会
必要費用:認定試験料 5000円 講座受講料 15000円
詳細:この資格はコトPOPのプロとして通用する知識や技術を身につけるためのものです。コトPOPとは売り場にてお客様のメリットになるような共感、発見、納得、興味などを引き出すことに特化しているPOPのことを指します。本屋さんなどでよく見かけるような店員さんのコメントがデザインされているようなPOPです。この資格を取得するためには講座を受講する必要がありますのでその中でコトPOPについて学ぶことができますので自分のPOP広告技術をさらに高めたいという方にオススメです。

4位 POP広告クリエイター

主催団体:公開経営指導協会
必要費用:5400円
詳細:この資格はそもそもプロに向けた資格です。小売業などにおいて販売促進のために使われているPOP広告に関してその作成に携わっている人々の能力を客観的に証明することで地位の向上や発展を目指しています。現在POP広告を作成する仕事についている方は業務に役立ちますし、その後の転職などでもアピールになるのでオススメです。

まとめ

POP広告はそれを見て興味をもって購入する人も多いほど重要な広告方法になっています。特に小さなスーパーや本屋さん、レストランなどではそれが重要になっています。POP広告に興味のある方や仕事として作成に携わっている方、デザインに関して興味のある方など様々な方にオススメの資格がいろいろありますので調べてみましょう。