POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

POP広告は紙を媒体にして商品説明やデザインを手書きし、店員に代わって商品の情報や宣伝を提供するものです。店員による勧誘や口頭説明はお客に不快感を与えることが多いため、POP広告で商品への興味を促す役割を持っています。

そんなPOP広告をデザインして製作する事に精通したPOPライターインストラクターの資格を紹介します。 

■POPライターインストラクターの資格とは?

POPライターインストラクターは、ビジネスデザインに関する技術、制作の流れや手法につい知識を持ち、様々な種類の広告に応用し、消費者の購買意欲をかきたてるような作成ができる方へ認定される資格です。

副業や在宅ワークをしたい人やカルチャースクールなどで講師活動をしたい人からの口コミ評判では人気の高い資格となっています。

■POPライターインストラクター認定試験概要について

POPライターインストラクター認定試験は、日本インストラクター協会で試験を行っています。

日本インストラクター協会は専門的な知識を持ち、且つ教える技術があるということを認定してくれる協会です。40種類の認定資格を行っており、POPライターインストラクターもその中の1つです。

客観的な視点から教える技術を認定してくれるので自宅でカルチャー教室を開業したい人や、講師として活動したい人からの口コミ評価では注目の協会です。又、自宅で受験できるので、主婦や忙しいサラリーマンの方からの口コミ評判では高い評価を得ています。

受験資格はありませんので誰でも試験受けることができます。受験の申請は協会のホームページから申請します。その後、協会から試験問題と解答用紙が送付されてきます。自宅で5日以内の試験期間中に試験を行い、解答用紙を返送するという流れになっています。合格基準は70%以上の評価となっています。試験に合格した人には、申請すると有料にて合格認定証と合格認定カードが発行されます。

■POPライターインストラクターの資格を取得するための学習方法は?

次にインテリアデザイナー認定試験のための学習方法を紹介します。

SARA school JAPANという通信教育スクールにPOPライターインストラクター認定試験のための通信講座があります。

初心者でもわかりやすい内容で学習を進めやすく、特に女性からの口コミ評判では評価の高い通信教育スクールです。

通信講座名は【POP広告 基本コース/プラチナコース】となっています。

この講座での学習の流れは以下のようになっています。

1.デザインの製作手順やデザイン技術についての学習。

2.実例を見ながらデザインの広告効果についての学習。

3.レタリングの用具や手法など製作のための技術や知識についての学習。

4.イメージ広告に関してデザインの活用法や効果についての学習。

5.色彩の持つイメージや配色についての学習。

6.問題集や添削課題で試験対策についての学習。

7.分からないところは専門のプロによる質疑応答。

■POPライターインストラクターの口コミ評判まとめ 

・自分が働いているお店でPOP広告を作りたいと思い、資格を取得しました。お店での評判は上々です。

・資格を生かしてデザイン関連の仕事を目指しています。POP広告のデザインならだれにも負けないと言えるくらいこれからもスキルアップを目指します。

口コミ評価では資格を仕事に生かしたいという意見が多数ありました。

POPデザインは伝えたい価値を明確にして、相手に伝わるようなデザインを目指します。簡単なようですごく難しいことだと思います。POPデザインに興味がある方はPOPライターインストラクターの資格取得を目指して自分のセンスや技術を磨いてみてはいかがでしょうか?