DIY資格人気ランキング

通信講座 ランキング

DIY資格について

DIYとは、「Do It Yourself」の省略形で簡単な家具の取り付けや小物などを自分の手で作ってしまおうということを指します。近年ではホームセンターの品揃えも充実していて自分で色々やってみることができるようになったこともありDIYという言葉も広がってきています。テレビなどでも取り上げられることが多いので挑戦してみている、今後やってみたいという方も多いかもしれません。
今回はそんな方のためにDIYをする上で取得しておくと良い資格や今後講師となるために必要な資格についてご紹介します。ランキング形式になっていますので自分で好きなものを選んでみてください。

1位 DIY工作アドバイザー

主催団体:日本生活環境支援協会
必要費用:10000円
詳細:この資格ではDIYに必要となるような知識やジグソー、のこぎりなどの道具の作り方なども知識や技術を持っていることを証明します。さらにそれらの道具を駆使して家具などの制作をし、それを他の人に伝える、アドバイスすることができる能力が認められます。自分自身でDIYを楽しみたいという方はもちろんのこと、その技術を生かして自宅で講師としてDIY講座を開きたいという方やカルチャースクールなどで講師になりたいという方にもオススメです。資格取得のために必要な試験は在宅で可能ですので空いている時間で気軽にできるのも押すうs目ポイントの一つです。

2位 日曜大工スペシャリスト

主催団体:日本デザインプランナー協会
必要費用:10000円
詳細:日曜大工と言う名前の通り、この資格では道具の使い方や壁紙の貼り方、レンガの種類、棚や家具製作のための知識などを身につけていることを証明します。自己流で日曜大工をしている方はこの資格を取得することでより技術面や知識面を補強することができてしっかりとしたDIYに挑戦することができるようになります。1位の資格と同様に在宅で受験可能ですので自分の好きな時に受験してみましょう。試験ではいらないものでの雑貨作りや百均アイテムを活用した家具づくりなどDIYをする上で役に立つようなスキルが求められます。

3位 DIYアドバイザー

主催団体:日本DIY協会
必要費用:14040円
詳細:DIYアドバイザーは住まいの手入れや補修、改善などを自分の手で行なって快適な生活空間を創造したいと言う人を対象にしています。DIYをするための知識や技術があることはもちろんのことアドバイザーとして他の人にその知識や技術を活用してDIYのアドバイスをすることができる能力も問われます。DIYが一般に浸透してきている今、それを伝える講師やアドバイザーの需要は伸びてきており資格を取得することで客観的に信頼されるようになりますので今後さらに活躍の幅が広がっていくと思われます。DIYが好きで、その魅力を他の人にも伝えたいと言う方にオススメの資格です。

まとめ

DIYは自分でやってみると楽しくて自分の暮らしを自分の手で変えていくことができることから達成感もある趣味です。今後ますます需要は伸びていくと思われますのでDIYに挑戦してみたいと言う方や自分の技術を他の人に伝えたいと言う方はぜひ資格を取得してみてください。