CAD資格人気ランキング

通信講座 ランキング

CAD資格について

CADとはComputer Aided Design(コンピュータ支援設計)の略称のことを指します。基本的には建築業界で使われるものであり、設計図をコンピュータ上のソフト「CADソフト」で行うというものです。以前は設計図は手書きで書くことが一般的でしたが近年ではCADの方がメジャーになっています。CADで設計図を書く際には手書きで行なっていた作業をそのままコンピュータに写したものを2次元CADと言います。そしてもう一つ立体的に表現する3次元CADという技術もあります。このおかげでよりイメージの共有が楽になりました。
今回はそんなCADに関わるオススメの資格をご紹介します。ランキング形式ですので今後CADを使って仕事をする予定のある方や現在CADをと入りれている方は参考にしてみてください。

1位 CADデザインマスター

主催団体:日本デザインプランナー協会
必要費用:10000円
詳細:この資格はCAD技術に関して建築や機械、土木などの技術を用いる業務の中で的確に使用することができる能力を証明します。現在すでにCADを用いて働いている方はこの資格を取得することで自分の能力を証明することができますのでオススメです。また試験は在宅で申し込みやインターネットから可能ですから仕事が忙しくても空いている時間で気軽に挑戦できることもメリットの一つです。

2位 建築CADインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格は建築系で使用されるCADの技術に特化して建築施工図などを正しく作成することができる能力を問うためのものです。AutoCADやJWCADなどのいずれかの操作が実務レベルで適用することができる能力が求められます。インストラクター資格ですのでこの資格を取得すると実務で活用することができるほか、講師として活躍することも考えられます。

3位 土木CADインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格は2位の資格と同様の協会が主催していますが、土木系のCADに特化しています。土木製図の基礎やコンクリート構造、また橋など一般的な建築物というよりも土木系に特化していることが特徴的で、同様に取得後はインストラクターとして他の人に指導することができる能力が証明されます。

4位 機械・設備・電気CADインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格も2位、3位と同様に日本インストラクター協会が主催しています。CAD技術の中でも機械や設計、電気に特化したものであり空調設備や給排水衛生設備設計などを理解していることが必要となります。またインストラクターとして人に指導する能力も求められますので一歩進んだCAD技術が必要となるのも特徴的です。

5位 CAD利用技術者試験

主催団体:一般社団法人 コンピュータ教育振興協会
必要費用:1級 15000円 2級 5500円
詳細:この資格はCADを使った技術力や知識が一定以上の基準に達しているかどうかを証明するためのものです。また資格には2次元CADと3次元CADがあり、それぞれで機械、建築、トレースとジャンル分けされているので細かく自分が必要とする技術に絞って受験することができるようになっています。

6位 建築CAD検定

主催団体:一般社団法人 全国建築CAD連盟
必要費用:準1級 14400円 2級、3級 10300円
詳細:建築CAD検定では建築関係のCAD技術に関して能力を証明します。即戦力となるような力を試すことができますので現在CADを利用して設計図を書いている方にオススメの資格です。
 

まとめ

CADの技術は今後も発展していくと考えられるものです。建築や土木関係で働いている方なら取得しておくことで活用できますよ。