食育を考える「日本安全食料料理協会口コミ評判」

通信講座 ランキング

日本安全食料料理協会とは

食品・料理に対する技術を理解する事、食育を通してそのスキルを基準以上に発揮できる方に各スキルの認定を行っています。

食育者として備える能力の基準を示し、職に関するスキルを求める企業や現場に人材を採用する際の客観的な評価が出来るようにしています。

そしてまた、各スキルで食育を広げることによ食習慣の向上に役立つことを目的としています。

日本安全食料料理協会で取得できる資格とは

食に関する資格と言われてピンとこない方もいるかもしれませんから、どんな資格があるのかいくつかご紹介します。

・コーヒーソムリエ

以前はコーヒーアドバイザーという名称でしたが、現在はコーヒーソムリエに変更しています。

コーヒーって種類によって味や香り酸味や苦みが全然違いますよね。

コーヒーソムリエはコーヒーの歴史、煎る前の豆の選び方、豆の産地、淹れ方、豆に合った焙煎や淹れ方、ラテアートなどなど、コーヒーについての深い知識が必要とされます。

飲む方の好みや、飲む場面によってコーヒーを考え、なおかつ豆の長所を活かしたセレクトが出来ることが求められます。

この資格はコーヒー好きな方にお勧めですが、大手コーヒーチェーンでは店員の資格取得を推奨していたり、コーヒー飲料を扱う企業でも需要があるようです。

・ベジスイーツマイスター

最近話題のベジスイーツ。野菜をスイーツに取り入れたお菓子になります。

野菜に含まれる栄養素・ベジスイーツの基本知識と使用する食材選び・ベジスイーツを作るポイントなどを一定以上の基準を満たした方が資格取得の対象となります。

野菜が苦手なお子さんに手作りおやつでベジスイーツを作りたい。

パティシエの方が、作れるスイーツの幅を広げるためにベジスイーツに挑戦したい。など

始める理由は様々ですが、ベジスイーツは今後もっと注目される分野になるでしょう。

・食用オイルソムリエ

あまり聞きなれない資格かもしれませんが、食用オイルソムリエは食用として使われるオイルの知識を一定基準以上に持っている方に認定されます。

食用オイルで一般的に知られているものだとオリーブオイル・ごま油・エゴマ油・ココナッツオイルなどでしょか。

その他にもアボガドオイルやアーモンドオイル、ホホバオイルにアルガンオイルなどたくさんの食用オイルが存在します。

そのたくさんのオイルの分類や成分を理解し、それぞれのオイルの特性を知り、オイルことの有効効果を知り、求められる効果や効能に合わせたオイルをセレクトして使用できるところまでの知識が必要とされます。

効能として美容やダイエットに効果的と言われるオイルもあるので女性には興味深い資格になるのではないでしょうか。

他の資格はどんなものがあるの?

スパイス香辛料アドバイザー・漢方コーディネーター・和食エキスパート・ドライフルーツセレクターなどなど、食を豊かにし美味しくて体にも嬉しい「食」を身につけられる資格がそろっています。

一度、日本安全食料料理協会口コミ評判を検索してみてください。

きっと興味の湧く資格があると思います。

資格認定とは

各資格の専門知識を一定基準以上を満たし、資格取得をした際は、

その資格のプロをしての活動も可能です。

カルチャースクールで講師として教える事や、自宅で教室を開講して生徒さんに教える事が出来るようになります。

試験はどうやって受けるのか

日本安全食料料理協会で資格認定を行っている資格は、申し込み・試験・資格認定・認定書発行までをインターネットで行うことが出来ます。

働きながらでは資格を取るのが難しいと考えがちですが、そんなことはなく自宅で試験を受ける事ができ、資格取得には適した環境かと思います。

このように無理せず資格取得を目指せるところが日本安全食料料理協会口コミ評判に繋がっています。