音楽資格人気ランキング

通信講座 ランキング

音楽資格について

CDを聞いたり、ドラマのエンディング曲を聞いたり、音楽は人々の生活には欠かせない要素の一つです。時に人を楽しませて時にリラックスさせてくれる音楽作りには様々な人が関わっています。音楽が好きで自分も音楽に関わった仕事に就きたい、あるいは音楽の力で他の人の生活を支えたいという方には資格を取得するのがオススメです。音楽関係の資格には様々なものがあり、それぞれで用途も異なります。今回は音楽を使って人々をリラックスさせることを重視した資格についてランキング形式でご紹介します。

1位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

主催団体:日本アロマメディカル心理セラピー協会
必要費用:10000円
詳細:そもそも音楽には人の心を落ち着かせたり、集中力を高めたりする要素があります。そこで、この資格では人間の心の内面を学んでそれから身体に与える影響や、音楽の作用を理解することが目的となっています。それらの知識を用いて、音楽を使って癒しの効果を発揮させて心の健康を維持させることを目指した資格で、その知識と技術を持っている人に与えられるのがメンタル心理ミュージックアドバイザーの称号です。音楽が与える影響を最大限に活かしたメンタルケア方法として注目を浴びていて今後も需要が伸びていくと思われる資格です。また取得することでカルチャースクールなどで講師活動もできますので仕事として音楽を使いたいという人やセラピストなどにオススメです。

2位 音楽療法インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格も1位の資格と同様に音楽の効果をライフスタイルの中に生かすことを目標としています。音楽の歴史や効果などの知識を学んでその生活の中での役割や重要性、空間での音楽の捉え方、利用方法などを習得することが必要となります。音楽を聴くというだけでなくそれをコミュニケーションの一種と捉えて人と人との出会いに活用することや、見えないインテリアとして部屋の中に溶け込ませることなどを学ぶことが必要となります。プロとして音楽をセラピーの一つに使いたいという人はもちろん、趣味として生活にもっと音楽を生かしたいという人にもオススメです。試験は在宅でできますので時間のない方でも自分の都合に合わせてできるのもオススメポイントです。

3位 音楽療法士

主催団体:日本音楽療法学会
必要費用:10000円(試験受験料)
詳細:この資格は本格的に音楽を使用してリハビリや人々の心のケアに当たることが目的となっています。そのため他の二つの試験に比べると受験条件が厳しくなります。まずは大学や専門学校を卒業し、臨床経験を3年以上積みます。その後ピアノと実技、音楽理論の試験に合格してからさらに受験のための制度に参加してようやく音楽療法士の試験に受験することが可能となります。また高卒のが愛には事前に認定校で音楽療法について学ばなければなりません。そのため受験までに長い道のりとお金がかかります。一方でこの資格があればプロの音楽療法士として活躍することができます。

まとめ

音楽は人々の心を豊かにしてリラックスさせてくれます。現代人の疲れた生活を音楽で潤すことができるようにこれらの資格を活かして見るのはいかがでしょうか。