野菜資格人気ランキング

オーガニック野菜資格 ランキング

転職を考えた時に資格をとろうと考える人は多いですね。その中でも、飲食関係の分野に興味がある人にお勧めの資格があります。それが野菜に関する資格ですね。野菜を使わない飲食店はほぼ存在しませんし、栄養面などの勉強は飲食関係以外でも幅広く応用が可能です。例えば医療や健康の分野でも役立ちますし、日々の美容面、家族の健康も守れます。さらに最近では、ライターを目指す方にも人気の資格です。芸能人の方も最近は野菜ソムリエなどの資格を取得したことをアピールしていますね。今後のためにも自分の肩書を豪華にしようと思えば野菜関係の資格はお勧めです。今回はその中でも、人気上位3つを紹介します。

1位オーガニック野菜ソムリエ

オーガニック野菜ソムリエとして、季節ごとの野菜の産地などを学びます。野菜本来の良さを引き出すためには、旬や産地の情報は必須と言えます。また、野菜がもつ栄養素を最大限に引き出すための保存方法やレシピに関する知識を習得できます。例えば、春の野菜ではアスパラガス、グリンピース、じゃがいもなどにクレソンなどの外来種も学べます。夏の野菜ではインゲン、えだまめ、オクラ、きゅうりなどの水分が多く夏の暑さから身体を守る野菜が中心です。秋の野菜ではかぶ、ごぼう、さつまいも、山芋、人参など秋の乾燥から身を守る野菜が中心です。冬の野菜ではカリフラワー、セロリ、ねぎ、ブロッコリーなど冬の寒さから身を守る鍋やシチューにあう野菜が中心です。資格取得後は、オーガニック野菜ソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。日本安全食糧料理協会が主催なので、野菜を中心に多くの料理に関することも学ぶことができます。自分や家族のために、より健康や美容に気を使いたい人にお勧めの資格です。受験料は10,000円(消費税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能なので、忙しい主婦の人でも時間の合間に取得可能なのが魅力ですね。

2位健康野菜の育て方インストラクター

健康野菜の育て方を人に教えられるインストラクターのレベルまで学べます。季節ごとの野菜の育て方や含まれる栄養素、野菜に合う食材に関する知識を習得できます。旬の野菜は知っていますか?野菜の栄養を最大限に摂取しようと思えば、旬はしっかりと把握しなければなりません。例えば、春の野菜ではみつば、パセリ、ニラなどになります。夏の野菜では生姜、シソ、茄子、モロヘイヤなど、秋の野菜では里芋、チンゲン菜、人参など、冬の野菜では、白菜、大根、水菜などになりますね。どの野菜も日常でおなじみですが、いくつの野菜の旬を知っていましたか?これらの野菜の育て方から、各野菜に含まれる栄養素などを学びます。さらに、きのこやハーブ、穀類、豆類など野菜にあう食材に関する知識も学べるので、野菜料理を幅広く応用できるようになります。資格取得後は、健康野菜の育て方インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。受験料は10,000円(消費税込み)でインターネットからの申込みで在宅受験が可能です。日本インストラクター協会が主催なので、講師の経験がない人もノウハウから学べますよ。

3位野菜ソムリエ

野菜・果物の知識を身につけ、その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリストです。野菜ソムリエは一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。目的は、生産者と生活者の架け橋となることで、野菜・果物の目利きなどが求められます。素材に合わせた調理法など毎日の食生活に欠かせない知識を身につけられるのでとても実用的な資格です。すでに5万人以上の野菜ソムリエが誕生しているので、資格の人気ぶりがうかがえますね。資格の取得後には、料理教室やセミナー講師、コラム執筆などさまざまなフィールドで活躍しています。特徴としては、講師から直接学べる通学制で全ての講義(7科目)を協会指定(全国各地)の会場で学ぶスタイルです。急に都合が悪くなっても、いつでも・どこでも振替できるのが安心ですね。次に半通学制もあり、通学制と通信制のいいとこ取りもできます。野菜・果物の食べ比べやコミュニケーションの講義(4科目)については通学で体感しながら学び、その他の講義(3科目)については通信教材で学ぶスタイルです。そして、通信制も完備なので自分のペースで繰り返し学べます。修了試験のみ協会指定の会場にいくそうです。

受講料が総額148,000円(税込)【内訳:入会金10,800円/受講料137,200円】と少々お高めです。さらに上級の野菜ソムリエプロという野菜のプロとしてさらなる発展を目指す資格の受講料は総額 320,500円(税込)となるので、本格的にこの分野を仕事にしたい方にお勧めです。
オーガニック野菜資格  オーガニック野菜資格