紅茶資格人気ランキング

通信講座 ランキング

紅茶の人気資格について

紅茶をよく飲むというみなさんならティーパックの紅茶だけでなくお店の紅茶やおいしい缶の紅茶なども知っているかもしれません。紅茶の美味しさにハマってより詳しく紅茶について知りたい、そんな方は紅茶に関する資格を取得することがオススメです。紅茶の資格は実はいろいろあってそれぞれに特徴があります。
基本的には紅茶の資格は民間の資格であり国家資格は今の所日本にはありません。そのため資格を取得したらすぐに就職できるというようなものはないようです。どれも趣味で取得を目指す方やそれを元に自分で喫茶店を開きたいと思っている方などにオススメです。また紅茶を取り扱うお店ならば資格があることで信頼されることもあります。
紅茶の資格には同じような名前が多くて混乱することもあるようですのでこの記事ではランキング形式でオススメの紅茶の資格についてご紹介します。

1位 紅茶アドバイザー

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では紅茶についての基本的な知識を身につけていることを証明することができます。紅茶が好きな方なら茶葉の知識や紅茶の正しい入れ方、それぞれの葉に合わせたオリジナルブレンドの方法なども知ることができますので知識を上げることができて楽しみながら資格勉強することができます。資格を取得するためには試験をする必要があり、インターネットから申込みを行います。試験は在宅でリラックスしながら取り組むことができるのもオススメのポイントです。

2位 紅茶マイスター

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:この資格は紅茶に関する知識はもちろんのこと紅茶を利用したカフェや喫茶店などを開くときに必要とされるようなマーケティングの知識、戦略、商品開発の方法などを学ぶことができます。開業のための基礎知識や運営も包括的に学んでおくことが求められますのでこの資格があれば紅茶を取り扱っているお店や飲食関係の企業などで活用することが可能です。また今後自分で紅茶のカルチャー教室を開きたいという方も取得しておきたい資格です。

3位 紅茶コーディネーター

主催団体:創芸学院
必要費用:62,000円
詳細:紅茶コーディネーターの資格では紅茶の種類の見分け方、淹れ方、知識などの紅茶に関するあらゆる情報を学ぶことができます。資格取得のためには講座を受ける必要がありますので現在あまり知識のない方でも講座を受講する中で徐々に詳しくなっていくことができます。そのため紅茶初心者の方にもオススメの資格です。講座を申し込むとオリジナルのテキストやビデオ、実習のためのセットなどが付いてきてそれに沿っていけば間違いなく資格を取得できるようになっています。

4位 ティーインストラクター

主催団体:日本紅茶協会
必要費用:29万1600円
詳細:ティーインストラクターは紅茶を仕事として利用している人にオススメの資格です。趣味で取得するには少し費用が高めですが紅茶が好きな方なら楽しみながら取得を目指すこともできます。この資格を取得するためには半年以上かけて講習を受ける必要があります。一回2時間半ほどで毎週行われている講習と5回ほど土曜日に開催される実習にも参加します。実習では静岡でお茶摘み体験など普段の生活では経験できないことも含まれていてより紅茶について知識を高めることができます。時間をかけてじっくりと紅茶について詳しくなりたいという方にオススメです。

5位 ティーコーディネーター

主催団体:リプトン
必要費用:17,5000円程度(ベーシックコース1項目3000円-4000円、サーティフィケイトクラス1単位 5000円)
詳細:紅茶というと日本で誰もが最初に思いつくほどの有名な企業がリプトンです。そんなリプトンが実は資格を主催しています。リプトンが主催しているティーコーディネーターを取得するためにはまずレギュラーコースという講座を受講する必要があります。ベーシックコースを4項目受講してその後サーティフィケイトクラスに移ります。サーティフィケイトクラスの単位を31以上取得することでティーコーディネーターとして認められます。

まとめ

いかがでしょうか。一言に紅茶といっても日本国内だけでもかなりたくさんの資格があります。これらはその中でもオススメの資格ですので興味にある方は気軽に挑戦してみましょう。ティーコーディネーターとティーコーディネーターは実際に資格に挑戦するためにお試しで見学も可能となっていますのでお問い合わせください。