空間デザイン資格人気ランキング

通信講座 ランキング

空間デザイン資格について

空間デザインとはすでに出来上がっている空間に関して使用する人に合わせてより良くさせていくことが仕事となります。インテリアコーディネートと似ていますが、それよりも扱うジャンルが多く、美術館のディスプレイや野外のイベントブースなども仕事の範囲となります。そのためデザイナーの独創性や個性が表れやすいとも言われていてその分人気のあるデザイナーになるためには実力が必要となります。空間デザインの知識や技術を高めるためには資格もあります。今回はそんな空間デザインに関する人気資格についてランキングでご紹介します。

1位 空間ディスプレイデザイナー

主催団体:日本デザインプランナー協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では住宅空間のみでなくスーパーやデパートなどの上手な陳列技術やアパレル関係の店舗での色彩の演出、照明の技術など商業施設で利用できるような空間デザインの知識や技術が求められます。現在空間デザインの仕事をしている方はこの資格を取得することで自身の技術の証明にすることができますのでオススメです。またカルチャースクールなどで講師として活躍することも考えられます。空間デザインのことならまずは取得しておきたい資格といえます。

2位 TALK食空間コーディネーター

主催団体:NPO法人 食空間コーディネート協会
必要費用:10000円
詳細:この資格で問われるのはホテル、レストランなどで必要となる食事の際のテーブルコーディネート力です。食に携わる方はもちろんのこと全体的なインテリアを学んでいる人にオススメで、人々が美味しく食事ができるような空間づくりを目指します。また主婦の方なども取得することで家族の団らんやホームパーティーをより素敵に彩ることができます。人の生活に直結している食事の場面を素敵に飾ることができる資格です。

3位 空間プランナー

主催団体:一般財団法人 日本能力開発推進協会
必要費用:2500円
詳細:この資格の試験を受けるためには主催団体が認定している教育機関において必要な講座を受講し、60パーセント以上の得点率で修了していることが条件となります。そのため必要な知識を講習の中で学ぶことができるのがオススメのポイントです。現在まだ知識のない方でも講習を受けながら楽しく空間デザインについて学びましょう。その後自分の知識の証明としてこの資格を取得すればインテリア関係の仕事にも活用させることができます。

4位 住空間収納プランナー

主催団体:一般社団法人 日本収納プランナー協会
必要費用:ベーシック 5000円 エキスパート 15000円 マスター 20000円
詳細:この資格では住空間のデザインや収納方法などの専門家として活躍する際に必要な知識を得ることができます。また試験にはベーシック、エキスパート、マスターがありそれぞれでレベルが上がっていきます。ベーシックでは基本的な知識問われ、エキスパートになるとより高度な知識になります。さらにマスターでは自分の持っている知識を活用して講師として働くことができるような技術や知識が求められます。ステップアップしながら自分を高めていきたい方にオススメです。

まとめ

住空間デザインはインテリアデザインと並んで人気の仕事です。人々の暮らしに直結する大切な分野ですので趣味として取得するのもオススメです。