福祉資格人気ランキング

通信講座 ランキング

福祉資格について

現代社会は高齢社会とも言われていて様々な福祉環境が整ってきました。体が不自由な方の社会進出も進み今後はますます、福祉に対する考え方が高まっていくことが予想されます。それに伴って福祉に関する資格も多くあります。
これから福祉関係の仕事に就きたいと思っている方や福祉関係の仕事に興味のある方はまず資格の取得を目指してみるのはいかがでしょうか。今回は福祉関係の仕事で役立つような資格をランキング形式でご紹介します。

1位 福祉心理カウンセラー

主催団体:日本アロマメディカル心理セラピー協会
必要費用:10000円
詳細:福祉心理カウンセラーとなるためには福祉の基礎知識と心理学の知識、また様々なストレスから起きると言われている症状について理解していることが求められます。それらの知識を用いてカウンセラーとして活躍することができると認められることになりますのでこの資格を取得するとプロカウンセラーとして働く道も考えるのがオススメポイントです。

2位 福祉心理アドバイザー

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では福祉についての基本的な知識や心理に関する理解があることだけでなくそれを人に講師として教えることができる能力も問われます。アドバイザーとして自分が持っている知識を元にカルチャースクールなどで働くことも考えられます。試験は在宅で受験が可能で対策用の講座もありますから勉強しやすいのも魅力です。

3位 介護福祉士

主催団体:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
必要費用:13140円
詳細:介護福祉士は介護の専門家として認められるための国家資格です。急速な高齢化に伴って介護や福祉に関する相談をすることができる専門家の育成が目的で作られています。今後もさらに需要は伸びていくと思われるジャンルでもありますから取得しておくことで福祉関係の仕事で活用させることができます。

4位 福祉住環境コーディネーター

主催団体:東京商工会議所
必要費用:1級 10800円 2級 6480円 3級 4320円
詳細:福祉住環境とは高齢者の方や障害者の方が暮らしやすく自立した生活を目指すことができるようアン環境のことを指します。バリアフリー住宅やユニバーサルデザインを取り入れた住環境作りや依頼者に合わせた家づくりを目指すのがこの資格です。介護に関する知識はもちろん住環境についても知識を持っておくことでよりよい暮らしを提案することができます。

5位 社会福祉士

主催団体:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
必要費用:7540円
詳細:この資格も3位の資格と同様に国家資格です。介護福祉士は高齢者の介護が対象となっていましたがこちらは精神や身体に障害を持つ人々の福祉環境を整えるための専門家です。今後さらに障害者の方の社会進出を進めていくために欠かせない資格であり、需要は伸びていくと考えられます。

6位 保育士

主催団体:厚生労働省
必要費用:12950円
詳細:保育士の資格を取得するためには厚生労働省が主催している試験に合格する必要があります。またそのほかにも地域限定での保育士試験も用意されており、地域ごとで試験を受けることもできます。子供が好きな方にオススメです。

まとめ

福祉に関わる仕事は以前に比べるとかなり増えてきています。今後も増えていくと予想され、それに伴って資格も増えていくでしょうからチェックして自分に適しているものを選んでみましょう。