猫の育て方アドバイザー口コミ評判

猫資格 ランキング

近年日本では猫ブームで猫を飼い始める人が多くなっています。

猫は基本的におとなしく、滅多なことでは鳴きません。また、家で飼うことが前提なので犬のように散歩を必要としないため、こういった点もメリットとして映っているものと考えられます。しかし、猫の飼育経験がないと、猫の自由奔放さに戸惑うことになるでしょう。猫は犬のようにしつけをしてもほとんどは聞きません。トレーニングを行うことで、トイレや食事など人間のルールにある程度は慣れることができます。

今回はそんな気まぐれな猫の育て方についての資格である「猫の育て方アドバイザー」についてご紹介したいと思います。

猫の育て方アドバイザーとは?

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。

猫を飼い育てていく上で身につけておくべき知識について問われます。出題内容は猫を飼う上で必要な費用、揃えておく用具やその特徴、猫の選び方、猫を飼うための環境づくり、子猫と母猫の対応、子猫のお世話の方法、排尿や排便について、子猫の病気について、動物病院での対応方法、猫に食べさせてはいけない食品の種類、猫のトイレについて、餌の選び方や種類、毛の手入れ方法、猫の避妊や去勢についてなどです。猫を育てる上で必要な知識が網羅されているので、これから猫を飼うけれども全く何も知識がないという方でも勉強していくことで猫を迎え入れる準備を整えることができます。

猫の育て方アドバイザーの試験内容

受験資格は特にありません。受験料は税込で1万円。受験申し込み〜受験までインターネットを通して受験が可能です。在宅で受験が可能です。試験は2ヶ月に1度のペースで行われています。合格基準は7割以上の正答率で合格となります。

日本生活環境支援協会の認定制度とは?

日本生活環境支援協会の認定制度は、生活にまつわる各種資格を取り揃えています。生活にまつわる知識・技能が一定以上であることを証明するものであるため、採用試験を行う企業が選考を行う際に役立つ一定のスキルがあると基準にすることができます。また、生活にまつわる知識・技能を高めることで各スキルの社会的地位の確立・また向上を意図しています。

猫を育てるのに必要な基礎知識

猫を飼う前には、必要最低限の知識を持つことが必要です。なぜかというと猫はもし病気になったとしても、普段からじっくり観察していないと病気に見えないことが多いため、重大な病気の前兆が見過ごされがちになるからです。

また、何も考えずに猫を飼い始める人がいますが、猫を飼うにはそれなりの出費も覚悟しなくてはいけません。ノミ・ダニ駆除や去勢手術、餌代、トイレなどの備品購入など、思っているよりお金がかかります。病気になれば都度動物病院に連れて行かねばならず、保険に入っていなければ1回の診察で最低でも3,000円〜の診察費がかかります。がんなどの重大な病気になれば数十万円〜の出費となります。

あとで「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、猫を飼い始める前に知識をつけておくことは飼い主としての当然の責任です。

猫の育て方アドバイザーの口コミ

猫の育て方アドバイザーを取得している方はそれほど多くありません。これを活用して、猫の育て方アドバイザーとしてスクールを開講するのも良いかもしれません。猫を飼いたいという人の需要が大きいからこそ、今必要とされている知識です。

また、猫の育て方アドバイザーの資格を持っていることでペットを扱う仕事やペット用品を扱う仕事にも就職できる可能性があります。ペットショップで猫の飼い方がわからないという方にアドバイスすることも可能です。仕事だけではなく、猫の飼育について全く知識がないという方がこれから猫を迎え入れるために必要な予備知識を身につけておくという動機でも良いでしょう。猫の育て方アドバイザーで身につけた知識は幅広く活用することができます。
猫の育て方  猫の育て方