犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

ドッグトレーニング ランキング

家庭で犬を飼われている方は多いですが、これから飼い始める方にも今犬を飼われている方にも悩みのタネとなってしまうのがしつけに関する事ではないでしょうか。
しっかりしつけをしてあげないと家中が大変な事になるのは間違いないですし、いくら可愛くても後始末が大変になってしまいますよね。
そもそも犬の賢さは人間の2~3歳の子供と同等と言われており、そこがスタートラインとなっているため、教育することで更にその賢さ
を伸ばすことが可能です。言葉も200単語以上覚えられるため、喋れないだけでその知能は人間の子供と同じレベルだという事をしっかり
認識しておくことが大事です。
犬のしつけは飼い主次第で決まると言って間違いないので、犬が悪いという事はほぼありえません。
今回はこういった犬のしつけに関する資格のご紹介です。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

基礎的な犬のしつけ、トレーニングの手順を理解している方なら取得が可能な資格となっており、取りやすさを重視して人気を集めています。
お手やおすわり、待てやおいで、慣れてきた子には玄関のチャイムに対する対応や、来客それぞれに対する対応も教える事が可能です。
犬のしつけには犬が楽しみながら覚えていく事が一番大事なため、ご褒美にエサをあげる際のタイミング等も重要なポイントとなります。
受験ハードルが極めて低い事で人気を集めており、取得したいと思った方なら誰にでも受験することができ、在宅での受験ができることも後押しとなって、不動の地位を築いています。

2位 犬のしつけインストラクター

こちらは通信講座も用意されている便利な認定資格です。
ストレートに分かりやすいネーミングの資格で、犬種によって教え方が違うため、そういった方面の知識も豊富に蓄えられます。
例を挙げると、犬の中でも飛び抜けて賢いボーダーコリーですね。
ボーダーコリーは抜群の知能の高さを持つため、その賢さが裏目に出てペットとしては賢すぎてしまう所があります。
というのも、自分にふさわしい飼い主かどうかを見極めるだけの知能を持っているため、しっかりとしつけをしないと自分本位なワガママな子になってしまうという事があるからですね。
こういった犬種に応じた適切なしつけの方法を学びたい方には特にオススメしたい資格となっています。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

こちらは訓練所で学習した方向けの資格となっているため、気軽に取得はできませんが、その分効力に置いては他の追随を許さないほどの強さを見せる資格となっています。
年単位でしっかりと学習・勉強して、試験に臨むため、確とした知識を作ってから資格を取得したい方にはこちらの資格がオススメです。
とはいえ、気軽に取得できない所はやはりネックとなるため、人を選ぶ資格とも言えるでしょう。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

日本キャリア教育技能検定協会が主催する資格で、扱う資格の級数が多いことが特徴です。
ドッグトリマーの資格にもA~C級があり、知識の深度に応じて受験する試験を選べる所がメリットですね。また、受験料が無料な点も大きなポイントで、資格の交付をしない限りはコストがかからない事が特徴です。
自分の知識の段階に応じてステップアップできる所が人気となっており、上へ上へと目指したい方にはうってつけの資格と言えるでyそう。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

こちらも日本キャリア教育技能検定協会が上述のドッグトリマーと共に用意している技能資格の一つです。
同様にA~C級が用意されており、ドッグトリマーよりも更に専門的な知識が必要となる点が相違点と言えます。
その分難易度も非常に高くなっているため、受験をするのにそれ相応の学習が必要になる事は留意しておきましょう。

さて、家族の一員である犬のしつけに関する資格のご紹介でした。
我が子を育てるのを何も変わらない事を認識してしつけしてあげる
ことが大事ですね。
ドッグトレーニングドッグトレーニング