犬のしつけインストラクター口コミ評判

ドッグトレーニング ランキング

犬のしつけインストラクター犬のしつけに関して知識を保有している方の事を指します。
犬のしつけと言っても、基本的なしつけとは少し違います。

・犬種によるしつけ方法

・複数の犬を飼うことでの飼育方法

・年齢別のしつけ方法

など、専門的な知識が求められますが、犬のしつけインストラクターの資格を取得すれば就職の幅も広がっていきます。
様々な犬に関しての知識を深めたい方や犬に関しての資格に興味がある方におすすめの資格です。

犬のしつけインストラクターの口コミ・評判

・匿名希望さん 20代 既婚
ドッグカフェで働いています。
近年犬と一緒に入れるお店は増えてきていますが、まだまだ少ないと思います。
カフェで働いて居ると色々なお客様を目にします。
お客さんとのコミュニケーションの中で犬の知識を深めていきました。
皆さん、食事やしつけなどそれぞれ違うんですよね。
それだけでもかなりの勉強になったのですが、ある時お客様に勧められてこの資格を知りました。
犬のしつけインストラクターは私のように犬に関わる仕事をしているなら持っていて損はないよと言われました。
そして、ネットで調べていると自宅で勉強も受験も出来るということだったのでダメ元で勉強をしていました。
今では犬に関する知識も増え、お客様とのコミュニケーションも取りやすくなりました。

・匿名希望さん 30代 未婚
我が家には野良犬が1匹と亡くなったおばあちゃんの犬、そして新しく飼った3匹の犬がいます。
それぞれ違う環境で育っていたので、3匹が中々懐かず苦労していました。
お散歩もみんな別々に連れて行かなければ行けなかったり、なんとか家でも喧嘩をしないように見張っているのが大変でした。
そんな時犬のしつけに関して調べていたらこの犬のしつけインストラクターの資格にたどり着けました。
私の場合インストラクターにはあまり興味がありませんでしたが、犬のしつけが出来るようになる!?
そのことがきっかけで資格に挑む事が出来ました。
勉強はそれなりに大変でしたが、ネットで間違った知識を覚え四苦八苦するより全然良かったです。
やはり専門的な知識は本当に宝物だと感じています。
敬遠の中だった3匹も最近は仲良く散歩へ出かけることも可能になりました。

・匿名希望さん 40代 既婚
私のママ友が自宅で講師活動を始めました。
その中で他の知識を持った他のママ友も集めてみんなで講師活動出来たら良いねと言う話になりました。
みなさん何かしら資格を持っているようで楽しそうでした。
私は何も資格を持っていませんでした。
そんな時、何かためになる資格はないかと探していたら犬のしつけインストラクターという資格に出会いました。
我が家にも犬がいてママ友の中にも犬を飼っている方がいるので覚えておいて損のない資格だと思いました。
資格を取得するまで少し時間はかかりましたが、資格を取ることが出来て良かったです。
講師活動は今後も続くようで、ボケ防止にも繋がりそうです。

このように自宅での活動や実際のお仕事に資格を活用させている方など様々な活躍の場が用意されています。
ご自宅で犬を飼われている方が受験されることが多いですが、これから犬を飼う予定のある方でも先に取得しておいて損はありません。
資格を通して愛犬との絆を深めることも出来ますので、これを機会に資格へ挑んでみても良いかもしれません。

犬のしつけインストラクターの試験概要

・学習方法:自宅や通信を利用して資格の習得が可能です

・受験資格:犬に興味のある方であればどなたでも受講することが可能です

・合格基準:合計点数の70%以上の得点を取ることで検定合格

・受験方法:在宅での受験

・受験料:10,000円(税込み)

このように在宅で受験出来ることから、社会人の方やお子さまがいるご家庭でも非常に支持されている資格です。
専門学校へ通うことなく犬のしつけや知識を学ぶ事ができます。
試験内容もそれなりに範囲が広い資格になりますので、ある程度の勉強は必要です。
少しでも興味がある方はテキストに一度目を通してみることをおすすめします。

犬のしつけインストラクターの主な活動先と需要性

犬のしつけインストラクターの活躍の場は多くなってきています。
ドッグカフェやドックラン、近年では動物病院も増えて来ています。
子供を望んでいない方が増えていたり、晩婚化が進む中で家族の一員として犬を飼われる事が多い傾向にあります。

・犬のしつけインストラクターは犬に関わる職場で活躍できる

・犬のしつけインストラクターとして自宅や施設で講師活動ができる

・現在犬に関わるお仕事をされている方のスキルアップが見込める

より専門的な知識を身に付けることが出来るので社会に貢献することができる資格です。
このように資格を活かせる場は多いので、まずはテキストを読んで受験に備えることをおすすめします。
ドッグトレーニングドッグトレーニング