漢方薬膳資格人気ランキング

通信講座 ランキング

漢方薬膳資格について

心と体の調子を整えて健やかな毎日を過ごす、そのために東洋薬学として古くから人々の生活に欠かせないのが薬膳や漢方です。東洋人に最も適した養生方法であり、最近再び注目を集めています。そもそも漢方薬や生薬を上手に組み込んだ料理のことを薬膳料理といい、組み合わせ次第によって心や体の不調を直し、体をのバランスを整えてくれる役割を持ちます。
薬膳料理には様々な種類があり、使用する生薬や漢方によってその効果は異なります。必要としている正しい効果が得られる漢方薬膳を作りたいならそれなりの専門知識が必要なのです。そこで今回は薬膳料理を作るときに必要とされるような基礎知識を学ぶことができる資格についてランキングでご紹介します。

1位 薬膳調整師

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では薬膳に関して一定以上の知識や理解があること、また漢方を利用した各種の食材の取り扱い方、効能などを知っていることを証明します。薬膳の基礎を学びながら試験対策をすることになりますのでまだ知識が不安だという方でも楽しみながら自分自身の知識向上を目指すことができます。

2位 漢方コーディネーター

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:この資格も1位の薬膳調整しと同様に日本安全食料料理協会が主催しています。薬膳ではなく漢方や漢方薬に対しての基礎知識、漢方独特の診断方法や療養方法などに対しての理解が求められます。漢方の歴史や思想なども試験では出題されますのでしっかりと対策しておきましょう。1位の資格と合わせて取得しておけば漢方も薬膳もマスターすることができますのでオススメです。

3位 薬膳マイスター

主催団体:一般社団法人 国際薬膳食育学会
必要費用:34000円
詳細:こちらの資格は薬膳に関して興味があっても難しそうで挑戦していないという方にオススメです。養成講座を受けることになりますので日々の食事に活用させることができる薬膳の知識について無理なく学んでいくことが可能です。分かりやすいテキストやDVDが送られてきますので空いている時間に楽しみながら勉強しましょう。

4位 薬膳漢方マイスター

主催団体:formie
必要費用:36000円
詳細:この資格も薬膳マイスターと同様に講座を受けることで無理なく薬膳や漢方の知識を身につけて資格を取得することができます。まずは一ヶ月程度の講座を自宅で通信で受講してその後同様に在宅で修了試験を受けます。どちらも在宅ですから忙しい方でも安心です。家族の健康を心配する主婦の方や子育て中、妊娠中の方にも漢方や薬膳の基礎知識を理解するために丁度いい資格です。

5位 薬膳アドバイザー

主催団体:日本中医食養学会
必要費用:
詳細:こちらの資格では対面式での講座を40時間以上決められたカリキュラムで受講した人に薬膳アドバイザーの称号が与えれます。薬膳アドバイザーとなると家族や友達はもちろん、カルチャースクールなどで薬膳の講師として自分の知識をレクチャーすることもできますので薬膳をもっと広めていきたいという方にオススメです。

6位 薬膳コーディネーター

主催団体:本草薬膳学院
必要費用:44000円
詳細:こちらの資格はテレビCMで紹介されていて有名ですね。ユーキャンがタイアップしているのでユーキャンの薬膳コーディネーター講座を受講することで取得することができます。暮らしの中で役立てることができる薬膳の知識や技術をわかりやすいテキストで紹介してくれます。講座受講中はいつでも在宅で試験が受験可能ですから忙しい中でも取得を考えることができます。

まとめ

薬膳や漢方は一見難しく捉えがちですが、日本人の生活の中では古くから使われてきた知識です。改めて学ぶことで家族や自分の健康管理に役立ててみましょう。