温泉観光資格人気ランキング

通信講座 ランキング

現代人は日々の仕事で戦いをしていると言っても過言ではなく、疲労が
溜まるのは勿論、受けるストレスに対しても上手に対処していかなければ
なりません。

ストレス社会と呼ばれて久しいですが、昔からリフレッシュやストレス解消
と言うと真っ先に手段の一つとして挙げられるものと言えば温泉でゆっくり
休むという事でしょう。

大規模な温泉施設や、首都圏の温泉が話題になったりと温泉に詳しい人
材の需要が年々増加しつつあり、資格に関する需要も増しています。

ここでは温泉に関する資格をランキングでご紹介していきます。

1位 温泉観光アドバイザー

全国の温泉の知識に対してのみではなく、各地の温泉に紐付いた歴史や
観光地などの知識も有している事を証明する資格です。
温泉に対しての知識としては泉質による各種効能、成分表の読み方など
が求められ、その地の温泉の成り立ちを理解することによって、温泉を
楽しむうえで重要な風情を楽しむという事が可能になります。

観光アドバイザーと銘打っている通り、温泉だけでなく温泉を楽しむために
その地の事も詳しく学んでいくため、泉質だけの薄い知識ではなく、その温
泉街の成り立ちや歴史に対して深く理解する事が可能です。
温泉に浸かる際は目に見える情景に加えて、やはり風情が大事ですから、
そういった面を重視する方にはオススメの資格となっています。

在宅での受験が可能な点などが評価され、口コミでも一番の人気を得て
いる資格ということで上位となりました。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウムとは元々保養所という意味合いを持っており、より温泉の効
能にクローズアップした知識を対象としている資格です。
日本インストラクター協会が主催している資格で、入浴療法などにも明る
くなるという事で病院に勤める人にも人気の資格となっています。

また、介護の仕事に就いている方からも支持を集めており、その背景とし
ては温泉に限らず入浴の仕方によって健康の増進が図れるという事が
あります。ご年配の方の入浴介助をする機会が多い職業ですので、そ
の際の知識として有効であるという結論でしょう。

こちらも在宅受験が可能な点、受験資格が特に無い点が受験しやすさ
に直結しており、受験者が増加している資格となっています。

3位 温泉ソムリエ

実際に温泉旅行に行きながら学習を受け、資格を取得するという新手の
旅行会社の戦略のようなスタイルが大きな特徴です。
芸能人が取得している事が多い資格でもありますが、それだけ簡単に取
れる資格であるため、得られる知識の内容も薄いものになってしまいます。
取得のしやすさ、楽さで言えばトップクラスの資格と言えるでしょう。

4位 温泉観光士

こちらは各大学の教授による講義に加え、地質学に基づいた温泉の知識
を一からしっかりと学んだうえで、野外実習・試験を経て取得する資格と
なっています。

草津まで実際に足を運ばなければならない反面、講義は各大学の温泉学
の専門家から直接受けられ、専門的な知識を得られる点が他にはない特
徴と言え、しっかりとした知識の土台を作りたい人にはオススメできます。

5位 温泉保養士

バルネオセラピストとも呼ばれ、温泉医学や予防医学に基づいて温泉の
効能を詳しく学び、アドバイスを可能にするための知識を得ます。
三日間の講習会を受けることで資格認定がされるため、こちらの資格も
かなり取得難易度は易しいものと言えますが、実地での講習にしか対応
していない点がネックとなっています。
最近の資格認定試験は在宅受験を第一に考えている受験者が多く、こう
いった所で対応が後手になっている資格は先進性に不安が残りますね。
取得日数が短い点は評価できますが、知識量が十分かは疑問です。

さて、温泉に関する資格を並べてご紹介していきました。
観光のプロになりたいという方や、もっと温泉を楽しみたいといった方にも
オススメの資格となっていますので、受けやすいものをチョイスして是非
チャレンジしてみてくださいね。