水耕栽培資格人気ランキング

水耕栽培は、土を使わないで野菜や果物を栽培します。狭い場所で育てることが可能ですから、戸建てはもちろんマンションでも栽培が可能です。この水耕栽培にも一般的なタワー型やポンプ式などの方法がありますが、発泡スチロールやペットボトルという手軽なものを遣って行うことも可能ですので、その手軽さから水耕栽培をしている方も多いです。そういう方の中には、「野菜は家庭で育てていただく」というように、食の安心安全のために水耕栽培の野菜作りに取り組まれている方もおられます。

 

1位:野菜水耕栽培士

野菜水耕栽培士は、日本生活環境支援協会が資格認定しています。水耕栽培の知識とスキルを学んだことを仕事に生かしておられる方や自宅で水耕栽培を本格的に取り組まれている方など、取得にあたっての動機はさまざまです。資格取得の勉強では、水耕栽培の知識や使う道具について学びます。また、トマトやクレソン、いちごなどの野菜や果物を水耕栽培する場合の留意点や水温、害虫対策など幅披露学ぶことになります。

 

野菜水耕栽培士の資格取得にあたっては、独学でもできますが、多くの方が通信教育で勉強されています。諒設計アーキテクトラーニングでは、野菜水耕栽培士W資格取得講座というコースがあり、野菜水耕栽培士と、2位でご紹介する水耕栽培インストラクターの二つの資格が同時に取得できるというものです。(スペシャルコースでは、最終試験で合格すれば自動的に資格取得になる)

 

独学の場合には、協会のHPで受験申込みをして受験し認定される必要があります。すべてインターネットで行うことができますので、遠方の方や忙しい方でも気軽に受験できるようになっています。

 

野菜水耕栽培士の資格取得の資格を取得されてカルチャースクールの講師をされている方は、『何と言っても水耕栽培に興味を持っている人の多さには驚きます。いつも定員いっぱいになり、抽選する場合もあるほどです。その理由は、野菜の高騰が一番にあると思います。みなさん、ご自分で育てて食べたいという強い思いをお持ちです。』というように、水耕栽培人気はかなり高いようです。

 

2位:水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している資格です。資格取得のためには、独学か通信教育で学び、協会の認定試験を受ける必要があります。通信教育の場合には、上述の野菜水耕栽培士資格取得でご紹介しましたように、便利なコースも開講されています。

 

資格取得の勉強では、水耕栽培についての知識や野菜、果物の特性を理解していかなければなりません。上述しましたが、水耕栽培のメリットともいえる「場所をとらない」を、それぞれの家庭で実践できるようにすることを学びます。また、家庭環境の違いや目的による違いに応じた水耕栽培の方法についても学ぶことになります;。

 

この資格を取得された方で、自宅を改装して「水耕栽培教室」を開いておられる方の評判をみてみましょう。『私の地域では、最近の暑さもあり、水耕栽培をされているお家が多く、私の教室に足を運んでくださる方も多いです。生徒さんは、水耕栽培によって自分の好きな野菜や果物を作ることができるということに魅力を感じておられます。これからも生徒さんのためにがんばっていきます。』このように、資格取得されて仕事にされている方も多いです。

 

3位:美味安全野菜栽培士

美味安全野菜栽培士は、日本園芸協会が認定している資格です。この資格の特徴は、一般的に家庭で使われる野菜だけでなく、オーガニック野菜などについても栽培方法を学んでいくというところです。また、野菜の栽培方法の知識を身に付けた上で、実際に実践しながらスキルも身に付けるようになっていきます。

 

オーガニック野菜について学んで、家庭での食事に生かしておられる方もいます。『私の家庭では週に3回は「オーガニック野菜」を出しています。健康、安心・安全のことも考えて、家庭で栽培して食べられるように「美味安全野菜栽培士」の資格取得の勉強をしました。受講では、テキストを使っての勉強でしたが、家庭菜園を目指すものにとっては非常にわかりやすいもので勉強がやりやすかったです。資格取得のためには難しかったですが、頑張って取得することができました。この資格を生かして教室を開こうかなと考えています。』

 

テキストは、基礎編、栽培収穫編(葉茎菜)と栽培収穫編(果実・根菜)、販売管理編の4つに分かれています。上述の方が学ばれたように、美味しく安全な野菜を家庭で栽培する方法を徹底的に学ぶことになります。

 

まとめ

水耕栽培は、ペットボトルを利用してもできるという手軽さから人気になっているのでしょう。またご紹介しましたように、手軽にできるというメリットから、多くの方が学びたいという思いを持っておられます。資格取得をしてこれから講師活動を始めようと思っておられる方にもおすすめの資格といえます。