水彩資格人気ランキング

水彩画 ランキング

小学校から学んでいる水彩画ですが、大人になってからは遠ざかってしまいます。しかし、趣味として高齢になっても水彩画を描き続けている方もおられます。二つとして同じ作品はないですし、人によって個性が発揮され、独特の作品に仕上げることができるのです。ここでは、水彩資格人気ランキングとして水彩画に関しての資格を2つご紹介しますが、資格取得していただき、趣味を広げたり講師活動をしたりしていただきたいと思います。

1位:水彩アーティスト

水彩アーティストは、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。水彩画を描くために必要な知識やスキル、使う道具やその正しい使い方など、幅広い勉強をすることになります。水彩画に興味のある方はもちろんのこと、初心者の方でもその正しい技法を学ぶことで自分自身のレパートリーが増えることになります。

資格取得にあたって、独学の場合には通信教育や書店のテキストなどで学習し、協会HPで受験申込み、受験となります。パソコンを使って在宅で受験ができるというメリットがあります。また、2ヶ月に1回の割合で受験ができるということも魅力になっています。(受験料は10,000円)

通信教育で受講できる椋設計アーキテクトラーニングでは、水彩アーティストW資格取得講座を開設しており、水彩アーティストと後述の水彩画インストラクターの2つの資格を同時に取得できるというコースがあります。また、スペシャル講座という「卒業課題提出で試験免除」というコースもあり、これを利用している方も多いです。

ここで、水彩アーティストの資格取得をされた方の評判をご紹介します。

『私は、小さいころから絵を描くのが好きで将来は「絵を描くこと」を生かしてお仕事がしたいなあと思っていました。雑誌で「水彩アーティスト」の特集をしていました。「こんな資格があるのか」と目を輝かせました。

さっそく資格取得の方法について調べ、通信教育で学ぶことにしたのです。資格取得の勉強では、水彩画の基本となるツールや技法、構図のとり方などを学んでいきましたが、私の今までの技術以上の難しさでした。本格的な水彩画の勉強をさせていただき、資格を取得することができました。今後は、アーティストになることまでは考えていませんが、ぜひ生徒さんを集めて教室を持ちたいと考えています。』

2位:水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、日本インストラクター技術協会が資格認定しています。この協会は、多くのインストラクター資格を認定しています。すべてにおいて、安心できる価値ある資格だと好評を得ています。「人にアドバイスをしたい」「人に水彩画のことを教えてあげたい」と思われる方はぜひ取得されることをおすすめします。

資格取得にあたっては、前述の「水彩アーティスト」と同様、独学でも通信教育でも取得することができます。ここに、水彩画インストラクターの資格取得で学ぶ大切なことについて一部ご紹介します。

水彩画は、一般的には「絵の具を使って画用紙などに描く」というようなイメージでしょう。この「絵の具を使って画用紙などに描く」中で、大切な要素が隠れているのです。まずは「絵の具」ですが、色の出し方、つくり方(原則2色で色をつくる)という知識やスキルが必要です。「描く」はどうでしょうか。「描く」といっても塗るとは違うのです。「点描」や「線塗り」などという手法があります。このような大切な要素について徹底的に学んでいきます。

このような技法を学んで資格取得しますが、なかなかインストラクターとして人に教えることは難しいと言われ取得の難しい分野でもあります。水彩画インストラクターとしてアドバイスできる人が少ないとも言われています。だからこそ、水彩画インストラクターとしての価値があるのです。次に資格取得された方の評判をみてみましょう。

『私は水彩画インストラクターの資格を取得して自宅を改装して教室を開いています。生徒さんは「真剣にもっと絵がうまくなりたい方」や「学校教育の延長で学び続けたい方」など、それぞれ目的を持って取り組まれています。生徒さんのやる気を感じて、この資格を取得してよかったなあと思っています。』

『私は小学校の教師をしています。小学校では「図工」といいますが、図工の指導が苦手で「もっと勉強しよう」という思いで、休日に通信教育で勉強し資格を取得しました。資格を取って私の図工指導は変わりました。それは、学んだことが身に付いたこともありますが、「先生はインストラクターなんだよ。」と胸を張って言えるようになったということです。』

まとめ

一般的にも水彩画を趣味にされている方は多いのですが、そういう方は「もっと学びたい!」「誰かに専門的に学びたい!」という思いを持っておられます。そういう方のために、ご紹介しました2資格は、人にアドバイスできる資格の価値があるということです。たくさんの人が水彩画に親しむことができるように水彩資格を見直してみましょう。
水彩画資格取得通信教育講座  水彩画資格取得通信教育講座