日本茶セレクター認定試験口コミ評判

通信講座 ランキング

日本茶とは日本で生産されたお茶や日本人がよく飲んでいる種類のお茶のことを指しています。
そのほとんどのお茶の種類が日本では緑茶とされています。
緑茶の種類は数え切れない程多く存在しています。
独自の栽培や製造の過程で異なる種類のお茶が生産されているのです。

日本茶セレクターの資格はこの日本茶に関して基本的な知識を身につけている方のことを指します。
日本茶が好きな方や、日本茶に関してより知識を深めたい方向けの資格になります。

日本茶セレクターの口コミ・評判

・匿名希望さん 30代 未婚
実家の茶園の跡継ぎをすることになり、どうせなら資格を保有しておきたいと思いました。
そして日本茶セレクターという資格が今の私にはちょうどいいと思いこの資格を受験しました。
茶園ではお茶の葉を生産していることはもちろん、観光客の皆さんに茶摘み体験をしていただいたり試飲なども行っています。
緑茶に関して知識が乏しいと、信頼関係すら結べません。
私はこの資格を通して、正しい緑茶の入れ方や今まで知らなかった緑茶の種類を知ることが出来ました。
父も喜んでいるので日本茶セレクターの資格を取得出来てよかったと思っています。

・匿名希望さん 20代 既婚
日本茶のセレクトショップで勤務しています。
日本茶と聞くと「和」なイメージですが私が勤務しているのは洋風にアレンジされた今風の店舗です。
しかし、販売している茶葉は緑茶が半数以上を占めています。
何百種類もの緑茶を扱っていますので、販売員としてそれなりの知識を求められます。
ここで私は上司の勧めもあり日本茶セレクターの資格の取得を目指すことにしました。
勉強の中では聞きなれない言葉が沢山ありました。
しかし、勉強することによってより詳しい知識を見につけることが出来ました。
今では積極的にお客様に合った茶葉をおすすめ出来るようになりました。
・匿名希望さん 40代 既婚
私は1年ほど前から友人と茶道教室へ通っています。
昔から緑茶が大好きで小さな頃からよく緑茶を飲んでいました。
茶道教室に通うようになり、日本茶に関してもっと詳しくなりたいと思うようになりました。
その頃友人と一緒に勉強していたのですが日本茶セレクターという資格があることを知りました。
お茶に関して深い知識を得るためにはちょうど良い資格だと思いました。
受験内容は日頃から馴染みのある分野だったのでそこまで難しいことはありませんでした。
趣味を資格にすることができ大変嬉しく思います。

このように近年では若い方にも緑茶のブームがきています。
ノンカフェインの緑茶が市場に出るようになってからは、緑茶への親しみもより一層高まっています。
お茶を趣味で楽しむことや趣味を仕事に繋げたいと思っている方におすすめできる資格です。

日本茶セレクターの試験概要

・学習方法:自宅や通信を利用して資格の習得が可能です

・受験資格:日本茶に興味のある方であればどなたでも受講することが可能です

・合格基準:合計点数の70%以上の得点を取ることで検定合格

・受験方法:在宅での受験

・受験料:10,000円(税込み)

このように自宅で受験が可能な資格になっています。
家事や育児の間に挑戦することが出来るので比較的取得しやすく人気の資格です。
また、試験内容も基本的な事がメインになるので一から勉強していきたい方にもおすすめです。

日本茶セレクターの主な活動先と需要性

日本茶セレクターとしての活躍の場は多いです。
緑茶を支持している方が日本には多く存在しています。
需要性があるので、長期的に見ても活躍していける資格と言えます。

・お茶専門店で日本茶セレクターとしての活躍

・自宅や施設などでの講師活動

・お茶の生産管理業務

この他にも日本茶セレクターとしての活躍の場は多く存在しています。
近年ではお洒落な緑茶のセレクトショップが流行っている傾向にあります。
そのことから外国人の方からも多くの評価を得ることができ、緑茶は今後世界に広まっていくことが考えられます。
少しでも日本茶セレクターの資格に興味がある方はテキストに目を通してみると良いでしょう。