建築模型・住宅模型資格人気ランキング

通信講座 ランキング

建築模型・住宅模型資格について

建築模型や住宅模型という言葉を知っていますでしょうか。こちらは建築物の完成予想をミニチュアで作り上げた模型のことです。まだ建てられていない住宅や建築物をまずは小さく作ってみてそれでイメージを膨らませるのです。設計図を作るのが一般的ですが設計図だけよりも模型があったほうがわかりやすいですしイメージの共有も楽です。またクライアントとの話し合いなど設計図を読むことができない人と建築について話す際にも活躍します。
そんな模型を作るためには使用目的や表現方法、費用などをある程度考えて作り上げる技術が必要となります。ただのプラモデルとは違った要素もありますので専門技術が重要です。そこで今回は建築模型や住宅模型を作り上げる技術を証明する資格についてランキング形式でご紹介します。

1位 実践建築模型認定試験

主催団体:日本デザインプランナー協会
必要費用:1級、2級 各10000円
詳細:この資格では建築模型の知識や政策技術などが一定の水準以上あることを証明するものですがそのほかにも設計者の意図をわかりやすく伝達する能力やプレゼンテーションとして適切な建築模型を作ることができる技術が必要となります。基準は協会の運営委員会が厳重に決めていますから信頼も厚く、仕事に活かすことができる資格です。また試験には1級と2級がありますので自分で好きな級を選んで受験することが可能です。試験は在宅ですからそれもオススメポイントの一つです。

2位 建築模型技工士インストラクター

主催団体;日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:建築模型技工士とは建築模型を作っている専門家のことを指します。この資格を取得することでそのインストラクターとなることができる能力があることを証明できます。インストラクターということは自分自身の知識や能力のみでなくそれを活用して他の人にレクチャーしたり指導したりすることができるということです。試験は在宅で受験可能で決められた期間中に解答用紙を郵送で送れば良いので受験しやすい資格でもあります。

3位 建築模型士Primary

主催団体:がくぶん
必要費用:56200円
詳細:この資格はがくぶんが主催している建築模型制作講座を受講することで取得することができる資格です。初心者でも技術を習得することができるようにDVDでわかりやすく説明をしていたり、必要な道具や材料がセットになっているので誰でも始めやすいようになっています。また修了すると就業活動の試験もありますから就職にも繋げやすいです。これから建築模型について学びはじめるという方にオススメの資格です。模型作りを楽しみながら技術を身につけることができます。

まとめ

いかがでしょうか。建築模型や住宅模型は作るために専門技術が必要となるため一個作るために数万円の価値があると言われています。そのため主婦の方の在宅ワークとしても人気で多くの人が挑戦してみます。資格を取得することで自分の能力を証明することができますし、自分の自信にすることもできます。またその後の仕事探しでもアピールしやすいので是非挑戦してみてください。