塩資格人気ランキング

塩 ランキング

美味しい塩が知りたい。たまに本格的な塩にこだわっている店があるけど、どこで学べば良いんだろう?出来るなら詳しく色々な塩を知って、塩本来の味や効能を理解して日々の生活に取り入れたい。

こちらでは、そんなニーズにお応えできる資格を紹介していきます。お店で販売しているものやネット販売の説明だけでは本当に良いものは分かりませんよね?本物の塩を知りたい人に人気の資格、上位3つです。

1位 美塩ソムリエ

美塩ソムリエとは、塩に関する様々な知識を習得できます。塩の歴史や製法から始まり、塩の種類や性質まで理解できるので日々の食生活に役立つのは間違いありません。さらに、島国である日本各地の塩の違いや、梅干しや漬物など地方ごとの塩を使った特産品についても学べます。地方の特産品や日本の伝統食品に興味がある人にはうってつけです。さまざまな塩の利用方法、塩味の感じ方にも違いがあるのは知っていますか?普段から何気なく食べている塩には、実に奥深い世界が広がっています。日本の塩と外国の塩にも違いがあります。スーパーでも色々な国の塩が売られています。また、人体に必要な塩分や体内の浸透圧の関係について学べば、健康の維持や増進にも役立ちます。料理以外にも幅広い知識を習得できるので、美塩ソムリエの資格を活かし、飲食関係の仕事や料理に関わる仕事で重宝されます。日本安全食料料理協会が主催しているので、食に興味がある人にお勧めです。受験料は10,000円(税込み)でインターネットからの申込めて在宅受験ができるのも人気の理由ですね。

2位 食塩アドバイザー

食塩アドバイザーとは、食塩に関する様々な知識を習得できます。塩を使う料理の特徴を学び、普段から購入している減塩食品について食塩の基準と規格や、食品の成分表示から塩分量を計算する方法なども学べるのでより安全で健康に良いものを選べるようになります。食品表示や賞味期限、塩に含まれるグルテンについてなどは目からウロコの情報も盛りだくさんです。麺類やパン類にも塩は含まれます。食塩水の利用法や肉や魚の加工について様々な種類の塩について使い方を学びます。塩を原料とした調味料や、塩の性質を活かした食品の保存方法などについての知識は幅広い分野で応用が可能です。また、塩について料理以外の利用法についても幅広く理解していることで、食塩アドバイザーとして食品に関わる仕事やカルチャースクールでの講師活動をすることも可能です。日本インストラクター協会が主催しているので、講師としてのノウハウも学べ、受験料は10,000円(税込み)でインターネットからの申込みで在宅受験が出来るのが人気の理由です。

3位ソルトマイスター

日本ソルトマイスター協会公認の認定資格で3種類があります。

①プロフェッショナルソルトマイスター

日本ソルトマイスター協会は塩に関するプロフェッショナルの集まりです。塩の生産者からプロの料理人の方、塩の研究者などから構成されるので専門性の高い知識を有している人だけが取得できる最上位の資格です。今後「塩」について情報発信、研究開発、講演などに協力するのも資格を取得する条件のようです。

②ソルトマイスター

プロフェッショナルソルトマイスターのもとで研鑽を積み、認められたプロの料理人の方や塩の研究者、料理研究家などが取得できます。今後「塩」について情報発信、研究開発、講演などに協力するのも資格を取得する条件のようです。

③ソルトベーシッククラス

一般の方が広く塩についての知識を身につけられる基本のクラスです。資格の取得には、日本ソルトマイスター協会の基礎クラスの申込み後に講義を受ける事が条件のようです。こちらの資格は一般の方が気軽に参加するというより、すでに店を出していたり塩の販売などに携わっている人がメインのようで、塩の効能を世間に広めるための手伝いをしてもらうのも協会の趣旨のようです。
塩資格  塩資格