和食資格人気ランキング

和食 ランキング

和食資格について

和食は日本人の食生活の中でも重要な位置を占めているなくてはならないものです。和食を上手に作ることができるようになると毎日おいしい料理を楽しく食べることができますね。家族の食卓を守っている主婦の方や日々の食卓にきちんとした和食を取り入れたいと思っている方にオススメの和食に関する資格についてご紹介します。オススメ度をランキングにして紹介しますので自分に合ったものを選んでみてください。

1位 和食エキスパート

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では基本的な和食に関する技能や知識、技術があることを認定するためのものです。日本料理には欠かせないだしの種類や和包丁の使い方、道具の種類、煮物などの基本的な日本食についての知識や技能を身につけることができますので和食を学ぶ第一歩として取得したい資格です。在宅で受験することができますので忙しい人にもオススメです。

2位 日本料理インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格では日本料理の知識や技術を持っていることに加えてそれらを活用して他の人に日本料理の魅力や正しい調理方法などを伝えることができる能力があることを証明します。インストラクターとして様々な場面で活用できる資格です。また季節ごとの料理屋懐石料理に関する知識、レシピを作り上げる能力も測ることができますので和食を極めたい方にオススメです。

3位 和食検定

主催団体:一般財団法人日本ホテル教育センター
必要費用:初級レベル 4000円 基本レベル 5000円 実務レベル 8000円
詳細:この資格は和食文化の正しい理解と継承、日本のおもてなし、それらを通じた日本文化の魅力を国内外に発信することができる人材の育成を目的に作られています。資格には初級、基本、実務とレベルが分けられていて自分に必要なレベルに合わせて受験することができますのでプロの方から和食初心者の方まで様々な人にオススメです。専用のテキストもあるので楽しんで学びながら資格の取得が可能です。

4位 和食マイスター

主催団体:日本野菜ソムリエ協会
必要費用:97700円
詳細:この資格では和食の歴史や文化、マナーなどの基本的な知識を学び、和食に関しての知識を広げて和食を日頃から楽しむことを目指します。資格取得のためには講義を受ける必要があり、講義を受ける中で日本食の奥深さを知ることができます。そのため和食についてあまり知らない人でも取り掛かりやすい資格といえます。

5位 和食アドバイザー検定

主催団体:一般社団法人 日本実務能力検定協会
必要費用:64800円
詳細:和食には献立のみでなく食材の選び方や食べ方、礼儀作法、食器の使い方なども含まれています。料理方法のみでなく和食を支えているあらゆる知識や技術を身につけることがこの資格の目的です。日本人の自然に対しての畏敬の念や民族慣行、感性などの歴史や文化を知ることで和食のみでなく日本人としての食の魅力や素晴らしさを伝えていきたいという方にオススメです。

まとめ

和食は近年ユネスコの無形文化遺産に登録されたことで世界的にもますます注目が集まっています。日本人として和食の魅力や文化について知り、それを周りの人に伝えていくことができるといいでしょう。
和食資格講座  和食資格講座