出汁資格人気ランキング

出汁 ランキング

うどんの出汁の作り方を詳しく知りたい。粉末のだしの素では味わえない鰹や昆布からとる本格的な出汁を一から自分で作ってみたい!出汁は日本が世界に誇る文化です。美味しい和食をつくためにも欠かせない技術の一つです。おうちで本格的な出汁をとりたい人から、すでに飲食店などに勤めている人にも役立つ知識ですね。こちらでは、本格的な出汁のとり方や、関西風や関東風といった地域別の出汁まで学びたい人にお勧めの資格を紹介します。

1位 出汁マイスター

出汁マイスターとは、出汁に関する様々な知識を習得できる資格です。日本食に欠かせない出汁について、種類や歴史から始まり、各出汁のとり方などを学んでいきます。今、出汁は世界中から注目を集めているので、出汁を使った料理などは最先端の知識と言えますね。さらに、海外の出汁に関しての知識や、それぞれの出汁が持つ栄養素や相乗効果についても理解する事で、料理の腕が確実に今よりもレベルアップできるでしょう。出汁に含まれるうま味成分であるグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸は単独で使うよりも同時に使った方がうまみの相乗効果があるのは知っていますか?例えば、アミノ酸のひとつであるグルタミン酸に、核酸であるイノシン酸やグアニル酸を掛け合わせると、うま味が増強されることが科学的に証明されています。相乗効果などについても理解していれば、飲食関連の仕事に生かせますし、自身の料理のスキルをアップさせたい人にも人気の資格です。日本が世界に誇る出汁の事を理解してワンランク上の料理を作ってみませんか?受験料は10,000円(消費税込み)とお手頃で、気軽にインターネットからの申込みが可能です。在宅受験ができるので時間のない人も安心です。日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催です。

2位 健康出汁アドバイザー

健康出汁アドバイザーとは、出汁に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。出汁の種類や出汁をとる食材の種類を学び、出汁を使った料理のレシピなどの知識を学ぶことで料理の幅が広がるのは間違いありません。また、出汁の健康効果や美容効果について理解していることで様々な分野に応用が可能です。例えば、アミノ酸が多く含まれる出汁を摂取すれば肌荒れを防ぎます。動物性の出汁に含まれるイノシン酸を摂取すれば、肌を含めた全身の老化を抑制します。こういった知識を習得することで、資格取得後は健康出汁アドバイザーとして食品に関わる仕事やカルチャースクールでの講師として引く手あまたです。日本インストラクター協会が主催なので、講師に興味がある人にお勧めです。受験料は10,000円(税込み)でインターネットからの申込みが可能で、在宅受験できるのも魅力ですね。

3位 だしソムリエ

だしソムリエは、講座を受講し試験に合格した方に資格を与える民間の資格です。出汁を知り、料理に生かせる専門家を育成するのを目標としているそうです。また、日本各地の郷土料理や食文化を大切にし、出汁の文化を広めるのを目的としています。さらに、世界の料理と歴史からも出汁を学ぶことで料理の幅を広げます。日本の食文化の魅力を再確認することも目的の一つですね。だしソムリエを名乗り、様々な分野で活躍したい人にはうってつけの資格と言えます。さらに上級へと進むと、出汁の専門知識を料理へと生かすセンスを養えます。料理は、和・洋・中、各国料理と幅広いのでどんな料理にも対応できます。

料金は他の二つより少し高く、3級で15,800円(税込)(賞状代5,000円は別途です)とペア割で 29,800円(税込)(賞状代5,000円は別途です)になります。さらに2級は一般52,800円(税込)(賞状代8,000円は別途です)となります。1級で一般59,800円(税込)(賞状代10,000円は別途です)と少し値がはるので本格的にやりたい人にお勧めです。
出汁資格  出汁資格