健康西洋料理インストラクター口コミ評判

洋食は好きですか?風味豊かで美味しい洋食は日本人の生活にすっかり溶け込んでいます。

レストランに行けば必ず洋食のメニューがあります。よく洋食を注文するという方も多くいらっしゃると思います。和食はあっさりした味付けのものが多いですが、和食とは違った深くてコクがある味わいが洋食の特色です。

今回は洋食についての資格である「健康西洋料理インストラクター」についてご紹介したいと思います。

健康西洋料理インストラクターとは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。

西洋料理でよく用いられる肉、魚、野菜、バター、チーズ、塩、小麦粉、ハーブなど食材についての知識、食材ごとに合った調理方法についての知識が必要になります。西洋料理でよく用いられているブイヨン・デミグラスソース・ベシャメルソースなどの作り方、気をつける点などについても学ぶことができます。健康西洋料理インストラクターの資格では、勉強を通じてオムライス、ピラフ、エビフライ、ナポリタン、グラタンなど、洋食でおなじみのメニューのレシピを学ぶこともできます。また、洋食のマナーについての理解も必要になるため、役に立つ実用的な資格です。

健康西洋料理インストラクターの試験内容

受験資格は特にありません。受験料は税込で1万円。受験申し込み〜受験までインターネットを通して受験が可能です。在宅で受験が可能です。試験は2ヶ月に1度のペースで行われています。合格基準は7割以上の正答率で合格となります。

日本インストラクター協会の認定制度とは?

日本インストラクター協会の認定制度の特徴は、人に特定の知識や技能を教えることができる能力をもった人に与えられる資格を多数用意しています。

人に知識や技能を教えることは教える人が十分な知識を持っていないとできないため、日本インストラクター協会の揃えている資格は知識・技術を人に教える能力を持っているということを証明するものです。日本インストラクター協会認定の資格を保有していることで、一定の知識と技能を保有していることを証明するものでもあるので、仕事の面接をする際に企業に対してアピールできる技能の一つとすることもできます。就職活動はもちろん、講師・インストラクターとして働きたい方や、新しく事業を始めるために開業したい方にも人気があります。

西洋料理によく用いられる食材

西洋料理には煮込み料理でよく用いられる、日本でいうところの「だし」があります。「ブイヨン」と「フォン」の2種類があります。

どちらも「だし汁」なのですが、ブイヨンは主にスープ、煮込み料理などに用いられます。フォンは煮込み料理やソースに用いられること多いです。ブイヨンは牛肉か鶏肉ベースの出し汁です。これに野菜を加えて作ることができます。野菜だけで作るブイヨンもあります。フォンは鳥や牛の骨や各部位と野菜を煮込むこと(もしくは煮込む前に焼く)ことで作るだしです。これらを料理に使うことによって、深い味わいのスープや煮込み料理、ソースに仕上げることができます。フランス料理ではブイヨンとフォンは味の決め手ともなりますので、非常に重要な材料です。

健康西洋料理インストラクターの口コミ

健康西洋料理インストラクターの資格を取得することで、洋食の知識全般について理解があるため、レストランなどの飲食店などの就職に役立ちます。就職だけではなく、独立して仕事を行いたいという方にとっても役立つ資格で、健康西洋料理インストラクターとして活躍することも可能です。自宅でスクールを開いて活動するのも良いでしょう。料理が好きな方や、全く知識がないけれども洋食作りが上手くなりたいという方にも向いている資格です。マナーについても学ぶことができるため、洋食のマナーについてちゃんとした知識を持っていないという方にもおすすめの資格です。

日本インストラクター協会の健康西洋料理インストラクター詳細はこちらから↓

https://www.jpinstructor.org/shikaku/seiyoryori/