中華料理資格人気ランキング

中華料理 ランキング

美味しいチンジャオロースを作りたい。中華料理店の様なチャーハンを作るにはどうしたら良いのか?お家でも本格的な中華を作ってみたい。飲食業界への転職を考えているので何か役に立つ資格が欲しい。そんな人にお勧めなのが中華料理の資格です。中華料理は今や日本の国民食と言えるほどに人気の高いジャンルの一つです。今回は身近だけど奥の深い中華料理を基本から応用まで幅広く学べる中華料理のにんきの資格3つを紹介します。

1位 中華料理ソムリエ

中華料理は非常に歴史が長く、その中でも四大中華料理と呼ばれる分野に派生していきました。それが北京料理に広東料理、四川料理、上海料理となります。さらに地方料理を加えれば非常に多くの中華料理が存在し、中華鍋や中華土鍋、中華包丁、穴杓子、玉杓子、せいろなど中華料理で使われている道具だけでも無数にあります。これらを独学で覚えるのは非常に難しいですが、こちらの資格なら基本からしっかりと覚えられます。また、中華料理を食べる際の基本的なマナーも習得できます。さらに中華料理と美容の関係なども学べるので料理以外の分野にも応用がききますね。自宅で本格的な中華料理を作りたいと思っている人には、麻婆豆腐や天津飯、酢豚、チンジャオロースなどを日々の食卓に取り入れられます。さらにフカヒレスープなどお店でしか食べられないようなメニューも学べます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。中華料理が好きな方、飲食店で働きたい方などに人気のある資格です。日本安全食料料理協会の主催で受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みが可能で在宅受験できるので、忙しい主婦の人も安心ですね。

2位 中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターとして、中華料理の歴史や四大中華料理を人に教えられるレベルまで学びます。精進料理や中国茶、中国酒など中華料理に欠かすことのできない基本的な知識も学びます。さらに中医学や漢方と薬膳など、一見、料理とは関係の無いことも含めて、中華料理とは何かについて様々な角度から学んでいきます。そして碗や盤、盆、盆子鍋、鍋子など中華の食器まで学ぶ事で中華料理という分野のプロフェッショナルを目指します。もちろん、中華料理の作り方も理解できるので、水餃子や小籠包などの点心をはじめ、担々麺や酢豚、エビのチリソースなどの一品ものと続き、杏仁豆腐やゴマ団子などのデザートまで幅広く作ることができます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。日本インストラクター協会が主催なので講師のノウハウを学べるのが魅力です。受講料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込み後に在宅受験も可能です。

3位 IPA中華料理技師資格試験

中華料理技師(ちゅうかりょうりぎし)とは、経験者がより高い技能を目指す資格です。日本国内の中華料理の文化やメニューの構成、必要なスキルについて正しく理解することを目標とします。そもそも、日本国内の中華レストランの調理場の調理師採用ニーズに応じられる技能者を育成する目的として設けられた資格であり、一般社団法人国際職業能力資格認定協会が認定する資格です。

そのため、気軽に受けるというような資格ではありません。すでに現場で一定の経験を積み、中華料理の世界で生涯、頑張りたいという人にお勧めです。調理方法や新しいメニューの開発、或いは原材料及び調味料の大胆な革新なども目指します。中国国内をはじめとし、香港、マカオ、台湾地域及び東南アジア各地など幅広い地域において、即戦力となり得る、日本の国内市場のニーズに合致した中華料理技師を育成します。こちらは、資格を取得するというより、まずは入会をして会員同士と切磋琢磨をして最終的に認められた人に送られる資格です。入会を希望する人は、法人賛助会員なら1万円 (非課税)、個人賛助会員も1万円 (非課税)となります。そして年会費として企業賛助会員は10万円 (非課税)、個人賛助会員は1万円 (非課税)となります。
中華料理資格  中華料理資格