マクロビオティックマイスター口コミ評判

マクロビ ランキング

マクロビオティックとは何かご存知ですか?馴染みがない言葉だけに何を指すのかわからない方もいらっしゃると思います。

マクロビオティックは自然との調和を掲げており、植物養生法の考え方と東洋の易の陰陽思想が融合してできたものです。しかし私たちは気づかずにマクロビオティックを取り入れた生活をしています。マクロビオティックは穀物・野菜・海藻を中心にした食生活のことです。日本食はこれらの食品を多く用いているため、マクロビオティックを取り入れやすい環境が整っています。今回はマクロビオティックに関しての資格である「マクロビオティックマイスター」についてご紹介したいと思います。

マクロビオティックマイスターとは?

日本安全食料料理協会が行っている認定制度です。マクロビオティックの語源、考え方、歴史などの基礎的な知識や、マクロビオティック実践時の注意点・ポイント、マクロビオティックで用いる食品・ポイント、旬の野菜の特徴と知識など実践的な知識を身につけている方に与えられる資格です。マクロビオティックで中心的に食べる玄米、雑穀米、発芽玄米、味噌、醤油の効果や効能についても理解していることが求められます。

マクロビオティックマイスターの試験内容

受験資格は特にありません。受験料は税込で1万円。受験申し込み〜受験までインターネットを通して受験が可能です。在宅で受験が可能です。試験は2ヶ月に1度のペースで行われています。合格基準は7割以上の正答率で合格となります。

日本安全食料料理協会の認定制度とは?

日本安全食料協会が行っている認定制度は、食品・飲料・料理に関しての知識、また技術が一定以上であることを証明するものです。日本安全食料協会より与えられた資格を持っていることによって、企業や現場において求められる知識と技術を有している人材であることを客観的に評価できる基準を証明するものでもあります。また、基礎的な知識・技術を十分有していることをふまえて、さらに知識・技術を向上・発展する資質がある方に対して同協会より資格が与えられます。

マクロビオティックの基本的な考え方

マクロビオティックは食材を丸ごと食べるという考え方のため、米は精米していないものを選びます。また陰陽のバランスを重視しているため、野菜などは以下の基準で二つに分けることができます。

・陰…体を冷やすもの/水分の多いもの

・陽…体を温めるもの/水分の少ないもの

熱い地域で取れた野菜は体を冷やし、寒い地域で取れた野菜は体を温めるという考え方のため、日本の四季に合わせた旬の野菜を摂取することで陰陽の中間である「中庸」の状態になるのです。夏であればきゅうりやウリなどの野菜は体を冷やす効果があるため積極的に摂取するべきで、冬はごぼうやかぼちゃなど体を温めるものを摂取すれば体のバランスを整えることができます。

マクロビオティックマイスターの口コミ

マクロビオティックマイスターの資格を取得することで、ジムなどのトレーニング施設や食品に関連のある会社の就職に役立ちます。また、勉強をして資格を取ることで周りの方の食生活についてもアドバイスを行うことができます。マクロビオティックマイスターとして独立してスクールを開くことも可能です。自宅にマクロビオティックマイスターの教室を開いてもよいでしょう。マクロビオティックを中心にした生活に取り入れることによって、陰陽のバランスを意識するようになり体のバランスを中庸に整えることができます。

現代社会は情報やモノにあふれ、それを取り入れるばかりに体のバランスを崩しがちです。何も考えずに欲しい時に欲しいだけ食べていると、体がついていけなくなります。そのため、自分の食生活を振り返る意味でも、マクロビオティックを取り入れた生活は現代人に大切なプロセスかもしれません。
マクロビオティック  マクロビオティック