ペット繁殖インストラクター口コミ評判

ブリーダー ランキング

犬や猫の繁殖を行うことができるブリーダー。

異なる血統を掛け合わせることにより新しい交配種が生まれます。世界中で犬や猫の交配は行われていますが、生き物の交配は当然ながら命を扱うものでもあるため十分な倫理観を持ち合わせていなければいけません。個人でもペットの交配は可能ですが、全く知識がない状態で行う場合、動物を危険な状態にさらすこともあるため、その点について十分な理解が必要です。知識が全くない場合、完璧な知識を身につけてから行うことが重要です。今回はペット繁殖についての資格である「ペット繁殖インストラクター」についてご紹介したいと思います。

ペット繁殖インストラクターとは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。

例えば、犬や猫の人工受精や外部委託による交配方法、妊娠周期、各血統種における繁殖の際の注意点、健康管理や飼育方法、食事管理方法などといった動物のケアにおける基本的な知識などが出題されます。生き物に関することであるので、微に入り際に入り出題されます。それも間違った知識によって動物に苦痛な思いをさせないためでもあります。

ペット繁殖インストラクターの試験内容

受験資格は特にありません。受験料は税込で1万円。受験申し込み〜受験までインターネットを通して受験が可能です。在宅で受験が可能です。試験は2ヶ月に1度のペースで行われています。合格基準は7割以上の正答率で合格となります。

日本インストラクター協会の認定制度とは?

日本インストラクター協会の認定制度の特徴は、人に特定の知識や技能を教えることができる能力をもった人に与えられる資格を多数用意しています。人に知識や技能を教えることは教える人が十分な知識を持っていないとできないため、日本インストラクター協会の揃えている資格は知識・技術を人に教える能力を持っているということを証明するものです。日本インストラクター協会認定の資格を保有していることで、一定の知識と技能を保有していることを証明するものでもあるので、仕事の面接をする際に企業に対してアピールできる技能の一つとすることもできます。就職活動はもちろん、講師・インストラクターとして働きたい方や、新しく事業を始めるために開業したい方にも人気があります。

ブリーダーになるには資格が必要?

犬や猫の繁殖は公的な資格がありません。ただ、販売目的で行うのであれば動物愛護法にのっとった「動物取扱責任者」という各都道府県の保健所が定めている規定をクリアしないと販売ができません。これに従わず無断でペットの販売を行った場合、処罰の可能性があります。また、販売目的ではなく個人で犬や猫の繁殖を行う際も、犬や猫に苦痛を与える行為を行った際は処罰の対象になる場合があります。繁殖を行った後、犬や猫の子供をきちんと飼育できる環境があるか、生まれた子犬や子猫にたいしてワクチンなどの予防接種をきちんと受けさせられるか、また譲渡を行う際もちゃんとした飼い主に引き渡すことができる責任感を持った人でない限り、繁殖を行うべきではありません。

ペット繁殖インストラクターの口コミ

ペット繁殖インストラクターは、ペットの繁殖について興味がある方が身につけておきたい知識を総合的に体得することができます。ペット繁殖インストラクターを取得することで、ペット繁殖インストラクターとして独立して働くことも可能です。日本には残念ながら悪徳ブリーダーも存在し、犬や猫を販売目的でのみ交配させて販売するようなケースも後を絶ちません。それらの犬や猫は劣悪な環境で飼育されています。このようなケースを再発させないためにペットを取り巻く環境を変えたいという方や、間違った知識が浸透しないように講師として働きたいという方、ペットの良さを知ってもらいたいという方にオススメの資格です。
ブリーダー  ブリーダー