フレンチ資格人気ランキング

フレンチ ランキング

フランス料理の基本を学びたい。フレンチが一般的になってきた最近では、マナーなども含めてフレンチの事を深く知りたいという人は増えています。肉用のナイフと魚用のナイフの違いや、出てくる料理の順番、白ワイングラスと赤ワイングラスの違いとか教えてもらわないと分かりませんよね?さらにお家で本格的なフレンチを作りたいという人にも応えてくれるのが、今回、紹介する資格です。

1位フレンチソムリエ

フレンチソムリエとは、フランス料理の調理技法や基礎知識から、食材やレシピに関する知識まで本格的な事を学べます。例えば、フランス料理の調理技法で炒める・焼く・茹でる・蒸す・煮る・取り除く・裏ごし・仕上げに関する知識などです。学ばなければ分からないことやフランス料理特有の技法もあります。さらに、フランス料理の調理器具の名称や使い方、フランスの食器の種類は見たことのないものまであります。そして、フランス料理の野菜料理からスープ・肉料理・魚料理・デザートまでの流れには多くのマナーがあります。そして、フランス料理といえばソースが命です。そのソースの種類や作り方から、フランス料理に使う野菜や魚介類、肉類、調味料を覚えられます。日本では馴染みの少ないものもあるので、初めてきく香辛料や酒類なども多いでしょう。さらにフランス料理では、使う季節ごとの食材も重要視するので、野菜などの旬の知識も必要です。

覚えることは山のようにありますが、資格取得後はフレンチソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動もできます。主催団体 日本安全食料料理協会が主催で受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験可能です。本格的に作りたい人から初めて作る人まで気軽に挑戦できるのが魅力です。

2位フランス料理インストラクター

フランス料理インストラクターとして、フランス料理の歴史や郷土料理まで学びます。お酒や料理のマナーも多いので覚えることはたくさんあります。例えば、親戚でもあるフランスとイタリアの料理の関係性と違い、フランスの郷土料理の違いもあり北東部「アルザス」と東部「ブルゴーニュ」、南西部「バスク」、北西部「ブルターニュ」の様々な特色も学びます。他にもお酒の種類や特徴に、チーズの種類と食べ方なども奥が深いです。普段、何気なく食べているワインやチーズの組み合わせには相性が重要なので、基本を知るだけでも日々の生活が変わります。

そして、苦手意識のある人も多いフランス料理のコースの順番と名称、入店と退店のマナー、食事のマナーなどに関する知識まで習得できるので、資格取得後は、フランス料理インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。日本インストラクター協会が主催なのでインストラクターとしてのノウハウも学べます。受験料は10,000円(税込み)、インターネットで申し込み在宅受験が可能です。

3位フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

ヒューマンアカデミーオンラインが主催です。国際薬膳調理師・坂井美穂氏の人気料理教室が自宅で学べます。主に女性特有のテーマや症状別に、効果的なフランス料理風に薬膳料理の作り方を学べます。DVDでの講習なので自分のペースで学べます。講座修了者は「フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー」の資格が認定されます。標準学習期間は1ヶ月で、サポート期間は3ヶ月、料金は¥41,040(税込)となります。

女性に多い悩みであるアンチエイジング、便秘、ダイエットの3つの症状別に、薬膳知識を学べます。女性ならではの写真映えも意識されてつくられています。そして、中医学の基礎知識もフランス料理と同時に学べるのも特徴です。あくまで身近な食材を使うので実践しやすく、すぐに生活に取り入れたい人にお勧めです。毎日の食卓をおいしく楽しみながらキレイになりたい人のための資格です。
フレンチ資格  フレンチ資格