ピラティス資格人気ランキング

ピラティス ランキング

ピラティスは、心や体の健康を考えて、ストレッチを行いながら筋肉強化をはじめ、バランス強化を目指して取り組まれるエクササイズと身体の動きを高める方法として定義されています。ですから、基礎代謝アップが図れるとともにインナーマッスルを鍛えることもできます。よって、医療関係などにおいてけがや病気の回復のためのリハビリとしても活用されている活動です。このピラティスの資格を取得して、インストラクターやアドバイザーとして、身体のことで悩んでいる人たちのためにできることがあります。ここでは、ピラティス資格人気ランキングとしてご紹介します。

1位:ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスセラピーアドバイザーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している資格です。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座では、ピラティスセラピーアドバイザーと次にご紹介しますピラティスエクササイズインストラクターの2つの資格を同時に取得できるようなコースがあります。

ピラティスセラピーアドバイザーの資格取得の勉強では、心身のバランスの基本について学ぶと同時に集中力を高めるための身体の動作や呼吸法、さらには、それをコントロールする方法について理解をしていきます。また、実技として、実際にエクササイズの習得をするとともに、身体の姿勢や食事、さらには睡眠についての知識も学ぶことになります。

この資格取得に挑戦される方は、自身の身体の管理について興味がある人が多いです。「ピラティス」の特集などが雑誌などで紹介されていることもあり、それをきっかけにして資格取得に挑戦されています。また、介護の仕事をされている方で、施設のスタッフの方々に、インストラクターとして指導されているケースもあります。

介護においては、利用者さんの心身の問題を見つけ出すとともに、その原因や改善方法についてアドバイスをしたり、健康に結びつくお話も取り入れたりされています。このように、資格取得をして、自信のスキルアップとして生かしておられる方もおられるのです。

2位:ピラティスエクササイズインストラクター

日本インストラクター技術協会が認定しているのがピラティスエクササイズインストラクターの資格です。上述の諒設計アーキテクトラーニングでは、ピラティスセラピーアドバイザーの資格とともに同時取得できるコースがあります。ピラティスエクササイズインストラクターの資格取得では、ピラティスの効果について十分理解していくことになります。資格取得をされる方は、初心者(素人)の方もおられますが、トレーニングジムのスタッフ経験者など、ある程度の経験を積んだ方が自身のスキルアップのために取得されています。

エクササイズインストラクターの勉強では、主として姿勢をよくする運動について学びます。屈曲や伸身の運動を取り入れた手や足、肩などの基本的な運動の方法になります。また、呼吸法や筋肉、関節との関係についても学びますので、かなりきめ細かい勉強になります。エクササイズインストラクターの資格を取得すれば、初心者に対してのエクササイズをはじめ、一人一人に合ったエクササイズについてもアドバイスができるというメリットがあります。

3位:ピラティスマットインストラクター

ピラティスについてより専門的に学ぶことができます。Basiピラティスというラエル・イサコウィッツによって設立された資格で、全米をはじめとして多くの国で実施されています。資格取得の勉強では、呼吸法が大切にされます。また、マットワークとして、ピラティスの手法やBasiの考え方、ピラティスの歴史、呼吸法と骨盤について学んだ上で、エクササイズの実践、実習をします。ピラティスのマットワークのすべてを学び、指導者としての資格を取得することができる養成コースです。(総受講時間は36時間、試験や課題提出することによって資格取得できる)

4位:ピラティスマシンインストラクター

上述のBasiピラティスの「Basiピラティスマットコース」を受講終了している方が受講できます。その上で「マシンコース」を受講することによって認定されます。資格取得では、実技としてピラティスマシンの使い方や指導のポイントについて学び指導できるレベルまで知識とスキルを高めていきます。(72時間の受講と試験があり、受講期間は6ヵ月に渡る)

5位:IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターは、国際ボディメンテナンス協会が認定している資格です。この資格の特徴は「ピラティスのムーブメント」に注目しているところです。体の動きそのものがどこに効果的に働くか、その時の体の状態はどうなっているのかなど、実際に骨格を使って理論を習得して実践していくという学び方になります。すぐにでもこのピラティス理論を用いて、現場で指導できるインストラクターになることができます。

まとめ

ピラティスの資格は、それを取得することで、自身のスキルアップを図ったり、自宅やカルチャースクールで講師として活躍したりできます。さらには、整形外科のリハビリや産婦人科の妊婦へのピラティス指導を行っているところもあります。
ピラティス資格取得通信教育講座  ピラティス資格取得通信教育講座