トリマー資格人気ランキング

トリマー ランキング

1位 ペットトリミングアドバイザー
使い勝手の良さが人気!! 実生活ですぐに助かるお役立ち資格

ペットトリミングアドバイザーは、愛犬、愛猫のトリミングについての基礎的な知識・スキル保有を証明する資格です。家族の一員として、いつも一緒に過ごしているペットには正しいトリミングをしてあげたいものですよね。ペットサロンもありますが、「自宅でトリミングを行えたら良いのに・・・」と
思われる方も多いのではないでしょうか。ペットトリミングアドバイザーの試験では、幅広い知識が必要になります。同じトリミングでも、ペットの種類により、子犬・大型犬・シニア犬・プードル・
コッカー・ウエスティ・シーズー・シュナウザーなど細かく異なるトリミング方法を学ぶことになります。また、ハサミやバリカンといったトリミングで使用する道具の使い方についても
知識を習得することが求められます。

ペットトリミングアドバイザーは、このような幅広い知識・技術を有していることを証明するため、その資格の使い道は非常に可能性の大きいものになります。自宅の愛犬、愛猫に正しい手順でトリミングができるようになるのは勿論ですが、お友達にペットを飼っている方がいれば、その方へのアドバイスも可能です。更には、カルチャースクールの講師として活躍する道もあり、生活を大いに輝かせる可能性を持った資格と言えます。

ペットトリミングアドバイザーは、「日本生活環境支援協会」が認定している資格です。受験資格は、特になく誰でも受験可能です。受験料も10,000円で、受験方法も在宅受験ですので、初心者の方でも受けやすい資格です。また、試験は2か月に一度のペースで実施されているため、いつから勉強を始めても良いと好評です。

2位 トリマー開業インストラクター
トリマー開業の基礎知識!! 実践的な知識を習得しよう

トリマー開業インストラクターは、トリミングの知識・スキルだけでなく、トリマーとして開業するために必要な知識を持つことを証明する資格です。受験資格は特にありませんが受験者の多くが、トリマーとして働いている人か、あるいは今後、トリマーとして働きたい、サロンを開業したいと考えている人です。認定試験の内容も、トリミングについての知識は当然のことながら、売上管理、顧客情報の管理、トリミングカルテの作成といった経営の基礎知識から顧客単価のアップ方法までサロン運営に必要な知識が問われます。

トリマー開業インストラクターは、トリマー開業をサポートする、または、自分で開業するための知識の証明として活用されています。実際に、サロンの開業を目指したときや運営を開始したとき、本資格はあなたの知識・スキルを十分に証明する資格になるはずです。トリミング方法についての知識だけでなく、経営者としての知識保有も証明してくれるのが、トリマー開業インストラクターの強みと言えます。

資格取得は、「日本インストラクター協会」が実施する認定試験の合格する必要が
あります。受験料は10,000円、在宅受験ですので、落ち着いて受験することが可能です。

3位 ドッグトリマー
急がば回れ!! 専門講座で確実な知識習得

ドッグトリマーは「一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)」公認の資格です。JCSAのドッグトリマー資格を取得するためには、協会認定の「ドッグトリマー養成専門講座」を受講する必要があります。その後、認定試験を合格後、マスターライセンスを取得できます。

ドッグトリマー養成専門講座は、標準学習期間は5か月となっており、その間、シャンプーやカット方法、爪切り、ブラッシングなどの知識を学びます。また、ドッグトリマーには、基礎的な獣医学、栄養学の知識も求められます。専門講座では、実際のカット技術も身に付けることができるため、確実な知識・技術を手に入れることが可能です。マスターライセンスを取得後は、スクーリング(実地研修)を積むことで
より高度な資格である「インストラクターライセンス」を取得することもできます。

受講費用は140,000円程度(ホームページを確認要)と他の資格に比べて割高ですが、
講師への質問、相談も可能なため、腰を据えて知識習得に取り掛かりたい人には
おススメの資格です。
トリマー  トリマー