デッサン資格人気ランキング

通信講座 ランキング

デッサン資格について

そもそもデッサンとは鉛筆や炭などを用いて黒のみで対象となる絵を描くことを指します。日本語では素描とも言われていて美術を志している人にとっては最も基本的な能力になります。絵に描こうと思っているものの輪郭や特徴を捉えてありのままに描く必要があるので骨格標本や人間のモデルを対象にすることが多くなります。また近年では漫画などで正しく対象物があるべき姿が整っていないとデッサンが狂っているという表現が使われることもあります。例えば足の長さが不自然に長くなっていたり、顔が大きくなっていたりという例があります。
そのため絵を仕事にしようと思っている方にとってデッサンは基礎であり欠かせない重要な技術になります。美術大学などに入る際には必ずデッサン力が求められますので進学の際にも重要です。そこで今回はデッサンを能力を証明することができるような資格についてご紹介します。

1位 鉛筆デッサンマスター

主催団体:日本デザインプランナー
必要費用:10000円
詳細:この資格ではデッサンに必要とされる理論や技術をもち、様々な対象物を描きだすことができる技術を持っていることを証明するためのものです。自分のデッサン力を証明したい方や芸術関係の仕事に就きたい方にオススメの資格です。またこの資格を取得するための対策講座もあるのでデッサンについて詳しくないけどできるようになりたいという方も安心です。またそのほかに資格取得のためには専門学校などで入って基礎から学ぶのが一般的です。その後の目標としてこの資格の合格を掲げるのもいいですね。
またオススメポイントの一つとして自分自身のデッサン力を向上させるのみでなくこの資格があることで講師やインストラクターとして働くことができるという点があります。将来的に絵に関わって働きたいなら取得しておくとメリットの多い資格です。また趣味としてデッサンに挑戦してみたいという方も良い目標になりますし、自分の思い描いていたものを描くことができるので楽しく学ぶことができます。

2位 絵画インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
必要費用:10000円
詳細:この資格はほかにも多くのインストラクター資格を主催している日本インストラクター協会が主催している資格の一つです。そのため信頼が厚く、取得することで就職や転職の際にアピールにもなります。この資格はスケッチやデッサンに必要となる様々な技法や道具の正しい使い方を学び、専門知識や技術を持っている人に与えられます。今のデッサンをよりステップアップさせたいという人や独学のデッサンをより専門的にさせたい人にオススメの資格です。また初心者の方でもデッサンを学びながらこの資格の取得を目指すことができます。デッサン力を身につけるための通信講座はいろいろありますのでそれらを利用してこの資格の合格を目標にしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。デッサン力は美術系の学校に行きたい人や仕事に就きたい人にとっては欠かせないものです。またそうでなくてもデッサンをすると対象となるものの特徴を捉えて描きだす技術が求められますので集中力を高めることにも役に立ちます。またストレス発散の一つとしてもオススメです。