タイ古式整体資格人気ランキング

タイ古式マッサージ ランキング

最近、タイ古式マッサージは人気のある職の一つです。マッサージ等に関して全くの初心者でも学べるのか?タイ古式マッサージは、無資格で経営できるが、何らかの資格を取得したい人にお勧めの資格があります。

1位タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー

タイの古式ボディセラピーに関する知識を習得できます。タイ古式整体の世界は、歴史や仏教徒の関わり、仏教やタイの伝統などが複雑に絡み合っています。単なる技術というより、タイという国を深く知るきっかけとも言えますね。そのため、この資格を目指す人は、タイ好きが多く、タイに旅行に行きたい人にもお勧めです。自分の世界を広げたい人にもお勧めですね。ケアに必要な解剖学や生理学の知識、日々の食事について学びます。さらに、西洋医学とは少し違う体内をめぐる流れなども学べます。

今、最も人気のある資格の一つかもしれません。資格取得後は、タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーとして自宅やスクールで講師活動をすることができるので手に職を持ちたい人にも良いですね。日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しているので今までとは違った世界が広がりますよ。受験料は10,000円(消費税込み)でインターネットからの申込みで在宅受験が出来るので、まずは気軽にお問い合わせからどうぞ。

2位タイ古式ヨガボディヒーリング

タイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターとして、さまざまな知識を習得できます。ハーブボールやホットストーンの扱い方、実際に開業した際の接客時の注意点なども学べるので、これから勤めたいと考えている人はもちろん、すでに勤めている方にも役立つ知識ですね。現在、タイ古式のリラクゼーションには様々な種類があり差別化が難しいのが現状です。場所によっては全く違うことを学ぶ事もあるでしょう。街中で見かける看板をみても様々な種類があるのが分かると思います。

タイ古式のリラクゼーションには多くの種類がありますが、こちらで学べる事はどこの店舗に行っても役立ちます。資格をとることはスタートに過ぎませんが基本がしっかりしていると安心ですね。現場で学ぶ事はもちろん大切ですが、座学でも学んでいるのは強みです。また、資格取得後はタイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターとして自宅やスクールで講師活動ができます。受験料は10,000円(消費税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。日本インストラクター協会が主催なので手に職を持ちたいと考えている人にはお勧めです。

3位JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格

JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格とは、タイ本国のタイ伝統医療協会との提携により生まれた育成カリキュラムを修了した時に得られる資格です。タイ古式マッサージに関する知識・技術を習得できるだけでなく、最先端の西洋医学に基づいた解剖理論も学べます。お客様にあわせたタイ古式マッサージの施術や健康アドバイス(運動・ストレッチ・栄養・睡眠休養)まで行えるようになります。その技術を習得するためのタイ古式マッサージスクールとして、 ベーシックコース、アドバンスコースがあります。

セラピストベーシックは40時間で174,500円となり、仰向け(仰臥位)とうつ伏せ(伏臥位)での施術の仕方を学びます。サロン現場でも行われている2時間のタイ古式マッサージの施術が出来るようになることを目標にするので、すでに現場で勤めている人にもお勧めです。

セラピストアドバンスはセラピストベーシックを修了したのちに受けられ、40時間で169,500円です。こちらは基本に加えて、個別性の原理や個体差のある施術を学ぶので、検査や評価が正しくできるようになります。すでに現場で経験を積んでいる人や、さらに上を目指したい人にもお勧めです。その後はスキルアップなどのコースもあり、タイ古式ボディヒーリングを生涯の仕事にしたい人には良いですね。
タイ古式マッサージ資格  タイ古式マッサージ資格