コーヒー・カフェ資格人気ランキング

通信講座 ランキング

コーヒー・カフェ資格について

皆さんはコーヒーが好きですか。おしゃれなカフェに行ってコーヒーブレイクも素敵ですがどうせなら自分でおいしいコーヒーを入れたいと思っている方もいるかもしれません。そんな方にオススメのコーヒーやカフェに関わる資格の人気ランキングをご紹介します。

1位 コーヒーソムリエ

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:堂々一位のコーヒーソムリエではコーヒー豆や産地、種類などの基本的なコーヒー豆に関する知識やおいしい豆の見分け方、焙煎方法などが問われる試験です。コーヒー好きなら楽しく勉強することができますし、よりコーヒーに詳しくなれるのもオススメのポイントです。お友達に自家製のおいしいコーヒーを振舞うこともできるようになります。

2位 カフェオーナースペシャリスト

主催団体:日本安全食料料理協会
必要費用:10000円
詳細:こちらの資格はカフェのオーナーになるために必要な知識について問われる試験です。コーヒーの知識のみでなくマーケティグの基礎知識やオーナーとして知っておきたい経営のノウハウも出題されるので今後カフェを開きたいという方や自宅でコーヒーの教室を開きたいという方にピッタリの資格です。

3位 コーヒーマイスター

主催団体:一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会
必要費用:39420円
詳細:コーヒーマイスターの資格はコーヒーに対しての知識や基本的なコーヒーを焙煎する技術の習得を目指している試験となっています。コーヒーの持つ豊かな味わいを他の人に振舞うことができるようになるのでコーヒー好きの人にはオススメの資格です。日本で初めてのプロコーヒーサービスに関する資格ですからただのコーヒー好きから一歩進んでプロフェッショナルになりたい方は取得したい資格です。

4位 コーヒーインストラクター検定

主催団体:全日本コーヒー商工組合連合会
必要費用:鑑定士 10000円 1級 10000円 2級 5000円
詳細:コーヒーインストラクター検定はコーヒーに関しての正しい知識と技術の向上のために作られている資格です。2003年からスタートした歴史のある資格であり日本のコーヒーに関する資格としては初のものですので知名度もあって他の人に自慢することもできます。試験は一級、二級、鑑定士と分けられているので徐々にレベルアップしていくことができるのもオススメポイントの一つです。

5位 JBAバリスタライセンス

主催団体:日本バリスタ協会
必要費用:37000円
詳細:JBAバリスタライセンスはレベル1から3まで分けられているプロのバリスタとしてのライセンスです。この資格は講習を受けることで取得することができるようになっていますので講習の中でさらにコーヒーに関する知識をつけられるのがオススメポイントです。バリスタとしてアルバイトでも働いている方やコーヒーに関わる仕事をしている人なら誰でも受講することができるようになっています。

6位 コーヒーコーディネーター

主催団体:日本創芸学院
必要費用:81324円
詳細:コーヒーコーディネーターはコーヒーの淹れ方やコーヒー豆の知識などを知っていることを証明するための資格です。コーヒーが好きだけどおいしい淹れ方や詳しい知識は知らないという方にオススメになっていてこれからコーヒーについてもっと知識をつけたいという方にオススメです。もちろん今後カフェを開きたいという方にも取得して欲しいですが、趣味としておいしいコーヒーを淹れたいという方も取得して欲しい資格です。

7位 カーサバリスタ

主催団体:日本能力開発推進協会
必要費用:5600円
詳細:カーサバリスタ資格はコーヒーの専門的な知識やペーパードリップ、サイフォンなどのコーヒーの抽出技術はもちろんのことデザインカプチーノの作成技術も証明することができる資格です。可愛らしいカプチーノを作ってみたいという方やちょっと自信があるという方はこの資格を取得することで客観的に能力を証明することができますのでオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。コーヒーやカフェに関する資格は現在急速に増えていっています。コーヒーが好きならぜひ一度トライしてみてください。