カリグラフィー資格人気ランキング

西洋の書道と言われ、文字を美しく書くためのスキルのことをカリグラフィーといいます。カリグラフィーの魅力は、書体に応じて、ペン先の角度や文字の傾斜を工夫することで、文字をその雰囲気に合うように丸みを持たせたり、人の目をひくように仕上げたりして、文字をより美しく引き立てることができるというところです。

 

1位:カリグラフィーデザイナー

カリグラフィーデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。さまざまなお店で、商品を売るための文字やセールを強調するような文字が並んでいます。その文字によって商品の売り上げにまで影響するものです。カリグラフィーデザイナーの勉強では、発行されているテキストに沿って、そのフォントや書き方について学びます。

 

実際に学んで資格を取得された方は「カリグラフィーデザイナーの資格取得の勉強をして、独特の書き方の手法を学びました。私自身の仕事のスキルアップになっています。」「日本デザインプランナーが認定しているとき知り、安心して勉強ができました。この資格を今のデザイン関係の仕事で生かしたいと思います。」というように、ご自身の仕事のスキルアップとして資格取得された方もおられるのです。

 

カリグラフィーデザイナーの資格を取得しておくことで、就職ではデザイン関係の仕事はもちろんのこと、履歴書の資格欄に「カリグラフィーデザイナー資格」と書くことによって幅広い仕事に有利に働くことでしょう。また、自宅や地域のカルチャースクールで講師活動をすることもできます。「カリグラフィー」について知らない方も多いですので、どんどん講師活動をするなどして資格の価値を広めていきたいものですね。

 

2位:カリグラフィー飾り文字インストラクター

多くの資格を認定して、インストラクターとして活躍できる支援をしている日本インストラクター協会が資格認定しているのが、カリグラフィー飾り文字インストラクターです。全くの初心者の方が、カリグラフィーのことを知り、その歴史や手法について専門的に学んで魅力を発見されておられます。

 

そういう方は「実際にカリグラフィー飾り文字を書きながら学べたので、たいへん興味を持って学ぶことができた」「カリグラフィーについては初心者でしたが、飾り文字について学んだことを、これからの仕事に生かしたい」と言われています。このように、カリグラフィー飾り文字インストラクターの資格取得での勉強で、基本的なことから応用までを学んでいきます。

 

資格取得で勉強したことは、今の仕事に生かすこともできます。また「趣味としてカリグラフィーに興味を持って資格を取得して、結婚式の際のウエディングボードの作成やクリスマスカード作成に役立てている」という方もおられます。他にもお誕生日プレゼントに添えるメッセージカードやイベントの案内をするポスターなどにもカリグラフィー飾り文字の技法を使って作成されている方も多いです。

 

3位:公益財団法人 日本手芸普及協会のカリグラフィー講師資格

カリグラフィーについての知識やスキルを総合的に学び身につけた人が認定される資格が、公益財団法人 日本手芸協会のカリグラフィー講師資格です。カリグラフィーの第一人者といわれている小田原真喜子さんが監修されたカリキュラムによってカリグラフィーについての知識やスキルを確実に身に付けていくことができます。

 

カリキュラムでは、イタリック体やゴシック体などのカリグラフィーの基本から学べるようになっており、基本を学んだあとは、高度なテクニックを学んでいくことになります。この資格の魅力は、講師として認定された資格だということです。資格を取得しますと、講師としていろいろな場面でかつやくすることができます。

 

公益財団法人 日本手芸普及協会のカリグラフィー講師資格は、本科から始まって、高等科、講師科、指導員、師範という順にステップアップしていきます。「初めは趣味のレベルで始めたカリグラフィー講師資格ですが、少しずつ難しくなる知識やスキルに対応していき、ついに師範のレベルにまでいきました。かなり高度なレベルですが、順に段階に応じて学んでいきますから、楽しんで学ぶことができました。」というような方もおられます。

 

はじめから高いレベルを目指すのではなく、段階的に学んでいくというこのカリグラフィー講師資格は興味のある方にはおすすめの資格です。師範資格を取得して、肩書きを持って講師活動をすることは名誉なことでもあります。仕事の幅は必ず広がっていきます。

 

まとめ

カリグラフィー資格の人気ランキングをご紹介しましたが、文字が美しくなるように工夫することで、人々の目を惹くということはおわかりいただけるでしょう。それをマスターして高度な技法によって自分自身が作成するカリグラフィーは、非常に大きな価値のあるものだといえます。ぜひカリグラフィーを広めていくためにも、ご紹介しましたカリグラフィー資格に挑戦してみてください。