エスニック料理資格人気ランキング

エスニック料理 ランキング

タイ料理はどこで学ぶんですか?タイ料理のチャーハンがすごく美味しかったけど味が独特過ぎて、調味料の検討もつかない。最近では、食文化の多様化により聞いたことのない料理や調味料が増えてきました。多くの人はエスニック料理とひとくくりにしています。日本でエスニック料理という場合は,インドネシア,タイなど東南アジアの料理や,インド,西アジア,中近東といった地域の料理をさすことが多いですが、厳密にはアフリカなどの料理も指します。タイ料理だけを教えているところは少ないですが、エスニック料理というくくりでなら、学べて資格も取得できます。おうちで本格的に作るのはもちろん、手に職をつけられる資格をこちらでは紹介しています。まだ種類が少ないので重宝されることは間違いありません。

1位エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエとして、各地域のエスニック料理を学びます。各地域の気候や風土から、宗教や文化、食材まで学ぶことで様々な国の料理を幅広く習得できます。例えば、タイ料理なら東南アジアのタイ王国の料理のことを指し、中国やカンボジア、マレーシアなどの周辺諸国の料理の影響を受けており、香辛料や香味野菜、ハーブを多用するのが特徴です。独特の辛味や酸味、甘味などは普段の料理にはない新しい発見でいっぱいです。他にもアフリカの食文化の素材は、その地で栽培される雑穀や野菜、果物、乳、肉などを素材にするので近年、健康食としても注目されています。特に豆類の食事が有名ですね。さらに中南米ならトルティーヤなどのメキシコ料理や、肉の塊を切り分けるシュラスコなどのブラジル料理が有名になってきました。さらに北欧料理ならホームセンターのIKEAでおなじみのスウェーデン料理である本格的なミートボールやマッシュポテトがありますね。

これら地域の定番料理や郷土料理の種類と特徴から、各国のお菓子の種類と特徴が学べるのでホームパーティーなどでも大活躍です。日本にいながら世界中を旅した気分になれますね。そして、初めて聞くような調味料の使い方や注意点も学べるので、買った後に使いきれずに捨ててしまうという心配もありません。さらにアジアのお茶文化は目から鱗の健康や美容効果があるので、色々な分野に応用が可能ですね。アジアからアフリカ、中南米、北欧などの食文化の知識を習得すれば、資格取得後はエスニック料理ソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。食文化がどんどんと多様化していっている現代においては、とても使い勝手のいい資格と言えますね。日本安全食料料理協会が主催で受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。今の自分よりも世界を広げて色々な文化に触れてみたいという人にお勧めの資格です。

2位アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターとして、各地域のレシピや食材、調理方法に関する知識を習得できます。アジアの国々はどれくらい知っていますか?初めて聞く国もあるかもしれませんが、多くの料理はすでに聞いたことがあるかもしれません。例えば、ベトナム料理の米で作った麺のフォーやエビと香味野菜の生春巻きは居酒屋でもありますね。インド料理のカレーは様々な種類があり専門店も増えています。タイ料理ならパイナップルに入ったチャーハンのナシゴレンや辛いスープのトムヤムクンは知名度も抜群です。ご近所の台湾料理なら家庭でも作られるビーフンや豚の角煮なども台湾の屋台の代表料理です。その他にもカンボジア料理やブータン料理など多種多様な料理が学べます。

プラスアルファとしてエジプトやモロッコなどのアフリカ料理や、セネガルやドミニカ共和国などの中南米の料理も学べるのが特徴のようです。サッカー観戦をする人は聞いたことがある国が多いかもしれませんね。これだけの幅広い知識を習得すれば資格取得後は、アジア料理インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。主催団体が日本インストラクター協会なので、インストラクターとしてのノウハウも学べます。受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。近年、どんどん近くなっているアジアや世界の国々のことをもっと知ってみませんか?これから外国の人もどんどん増えてくる中でよりニーズが高まってくると予想される資格の一つです。
エスニック料理資格  エスニック料理資格