インド料理資格人気ランキング

インド料理 ランキング

美味しいインド料理が食べたい!最近では飲食業界の多様化で、多国籍の料理が食べられるようになりました。ですが、自分で作ろうと思うとどうでしょうか?なかなか教えてくれるところは無いのが現状です。また、本格的すぎるインド料理は日本人に合うとは限りません。家族に振る舞いたいと思っている人は少し日本人向きにアレンジもしたいですよね。今回紹介するのは、本格的なインド料理から少し日本人向けにアレンジしたりすることも可能な人気の資格3つです。

1位インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエとして、インド料理の作り方やインド料理に使われる材料の種類をまなべます。インド料理の特徴はスパイスの多さです。代表的なスパイスの種類などに関する知識は独学で学ぶには多すぎます。その他にも、インド料理に使われる米や小麦製品、豆、肉、魚介、野菜、果物、乳製品のパニールなどと実に幅広い知識が求められます。中には、ほとんど販売されていない食材もあるでしょう。名前だけ聞いてもどんな食材か分からないものも多数あります。例えば、発酵乳のダヒ、チャツネなどのつけあわせなどがそうですね。アジョワン、フェンネル、アニス、カルダモンなどのインド料理に使われるスパイスの種類や使い方を知らないと本当のインド料理は作れません。より本格的なインド料理を作りたい人から、インド料理の奥深さを学びたい人、健康や美容に応用したい人まで幅広くお勧めな資格です。資格取得後は、インド料理ソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。主催団体は日本安全食料料理協会なので、今までよりもワンランク上の料理を習得できます。受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能なので、気軽に始められるのも特徴です。

2位インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターとは、インド料理の成り立ちから、インドの食文化、地域によるインド料理の違い、世界や日本におけるインド料理に関する知識を幅広く学びます。インド料理にはどれくらいのイメージがあるでしょうか? 例えば、インド料理の歴史的背景、ヒンズー教とイスラム教の食事、シーク教など少数派の宗教の食事などの違いも重要です。外食に行くときにもインドの食事作法、菜食と非菜食の違いなども学んでいれば安心です。最近、人気のアーユルヴェーダと食事の関係も学べるので興味のある人にはうってつけですね。他にも、インドの定食や弁当、北インド料理・南インド料理・ゴア料理・ベンガル料理の違いなど普段では触れられない文化も分かります。イギリスやアジアで発展しているインド料理に関する知識は、資格取得後にインド食文化インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。日本インストラクター協会が主催なので、手に職をつけたい人にもお勧めです。受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験も可能です。

3位カレーマイスター

上の二つとは違いカレーに特化した資格です。カレーをこよなく愛し、カレーに関する様々な知識に興味がある人にお勧めです。もっと、カレー文化の発展を望む人が求められます。カレーを通じて食の楽しみを語りあえる仲間にも出会えます。カレーの知識やおもてなしのノウハウを学び、食生活をより豊かに楽しむことができます。カレーといえば、多種多様なスパイスが特徴です。スパイスの特徴や身体へもたらす効果を知ることで、カレーをより美味しく、健康的に楽しめるようになります。カレーを極めたい方から、カレーを愛して止まない方、カレーに関するあらゆる知識を深めタイ方にはうってつけの資格ですね。すでに、ご自分のカレーやスパイス料理を作っている人にも幅を広げるのに役立ちます。カレー店にお勤めの方でも勉強になることは間違いありません。

日本野菜ソムリエ協会が主催なので、他の料理の分野にも応用が利くような知識が盛りだくさんです。カレー好きな人からインド料理が好きな人、和風のカレーが好きな人まで幅広く人気の資格です。日常、口にするカレーがどのように生まれ、変化してきたのか、その変遷や、現代カレー事情や世界各国のカレーを学べます。さらにスパイスを科学的な側面から分析し、香りづけ、味付け、色づけ、体にもたらす良い効果なども学べます。様々なノウハウも交えながら究極のマイカレーを目指せます。受講料は総額:48,000円(消費税込)(入会金 10,800円、受講料 37,200円)になります。
インド料理資格  インド料理資格