イタリア料理インストラクター

イタリアン ランキング

イタリア料理を学びたい。最近では、イタリア料理は一般的な料理になってきました。それに伴い、イタリア料理のシェフになりたい。おうちで本格的なイタリア料理を作りたい。イタリア料理でホームパーティーを開きたいなど様々な声を聴きます。こちらでは、イタリア料理は初めてという人から本格的に学びたいという人までお勧めのイタリア料理の資格を紹介していきます。資格によっては将来の仕事としても役立つ資格です。

1位イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエとは、イタリアンに関する様々な知識習得できます。イタリア料理に使用する代表的な食材はオリーブオイルやチーズに始まり、野菜や果物、食肉加工品などになります。それらの食材の伝統的な製法や種類、正しい取り扱いや保存方法は学んで損はありません。さらに一口にイタリア料理と言っても北イタリアや中部、南部のイタリア料理にはそれぞれの特徴があります。日本でも九州や北海道では料理の特徴が分かれるのと同じですね。いわゆる郷土料理と呼ばれます。そのなかでも、アンティパストやドルチェなどイタリアンのコースのメニュー構成やテーブルマナーも学べます。なかには聞いたことのない言葉やとっつきにくい説明もあるかもしれませんが、一つずつしっかりと学べるのが特徴です。

パスタの食べ方やピッツァの食べ方、オリーブオイルの選び方などの基本的なことから、パスタの種類などしっていればイタリア料理を百倍楽しめる知識まで盛りだくさんです。自宅で日常的にイタリア料理を楽しみたい人はもちろん、飲食業界の人にも人気のある資格です。日本安全食料料理協会が主催で受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。忙しい人や地方の人でも手軽に受けられるのも魅力ですね。

2位イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターとは、イタリア料理の食材やその作り方の基本から学べます。メニューの構成や選び方、食材との組み合わせ方、ドルチェやカフェと料理の相性などまで学べるので、初めて学ぶ人からすでにイタリア料理のお店で勤めている人にもお勧めです。基本からしっかりと理解し、かつ実践的にコーディネートすることができる知識を学ぶので、将来的に独立を目指している人にもお勧めです。

アンティパストやプリモピアット、セコンドピアット、ドルチェなどを聞いたことがない人も一から学べるので安心です。すでに知っているという人にも、カフェの組み合わせ方やパンチェッタ、生ハム、サラミ、プポルチーニ、トマト、アーティチョークなどイタリア料理に使用する代表的な食材の使い方やそのレシピまで学べるので本格的にイタリア料理を学びたい人も満足できる内容です。また、ビネガーやフレーバーオイル、ハーブやスパイス、ロングパスタ、ショートパスタなどの使い方やそのレシピなどは日々の食卓でお店の味を再現することが可能になります。主催団体は日本生活環境支援協会主催で、受験料は10,000円(税込み)、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。

3位イタリアンマイスター

イタリアンマイスターとは、一般財団法人の日本能力開発推進協会が主催している資格で、本格イタリア料理の調理テクニックが身につきます。一通りの調理テクニックが身につくと「落合務のイタリアンマイスター」の称号が付与されます。落合務とは、日本一予約の取りにくいイタリアンレストラン「LA BETTOLA da Ochiai」のオーナーシェフです。その落合務流の調理ポイントを学ぶことで、自宅で本格イタリア料理をつくる技術を身につけられます。

調理技術の向上はもちろん、イタリア料理の楽しみ方や他のメニューへの応用力、おもてなしの心などの向上も目的とします。主な実習の内容は、乳化や火加減、塩加減などのプロの調理技術。前菜からパスタ料理、メイン料理、ドルチェの作り方などを学びコースの提供ができるようになります。全カリキュラムを修了した人だけが授与される資格で、テキスト×3冊と副教材(喜ばれるおもてなしガイド)×1冊に、映像講義(DVD)×3枚(計約100分)、添削問題集×1冊が必修です。インターネットからのお申し込みなら 37,000円(税別)になります。一通りの履修が終わった後は、インターネット受験が可能で、受験料は5,600円(税込)になります。
イタリア料理資格  イタリア料理資格