お菓子資格人気ランキング

お菓子 ランキング

ケーキ屋さん、洋菓子店をはじめたい。もっと本格的なお菓子を作れるようになりたい。専門学校に行くのも視野に入れている。でも、経済的にみれば、働きながら知識をつけられる方がいい。そんな人にお勧めなのが自分のペースで取得できる資格です。こちらでは、様々な理由に対応できて、本格的なお菓子が作れるようになれる、お勧めな資格を紹介しています。

1位 製菓アドバイザー

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している資格で通信教育や通信講座でも受けられるのが特徴です。製菓アドバイザーとして、主に洋菓子に関する知識を有していることを認定されます。だから洋菓子が好きな人に特にお勧めです。

洋菓子作りに使われる材料は多岐に渡ります。卵やバター、チーズなどの乳製品に小麦粉がメインです。砂糖やチョコレートを使われる事が多いですね。そこにナッツ類やフルーツ、スパイスなどを組み合わせることで実に様々なお菓子が作られるようになります。

個人でやっていれば難しいのはさまざまな材料について、

  • 種類や選び方
  • 味の相性
  • 組み合わせの効果

などについて理解する事です。その材料を使うことによって洋菓子にどのような効果やメリット、味の変化があるのかなどは無限にありますから。適切な調理や材料選びができるようになるには最適な資格ですね。

基本的なクリームや生地、スポンジにどのような種類があるのか、その性質や材料などの違いを理解する事で、何気なく買っていたお菓子の材料も理解できます。

そして、人気の秘密は資格取得後に製菓アドバイザーとして自宅やスクールで講師活動をすることができるという点ですね。

そして、受験料 10,000円(税込み)でインターネットからの申込みで在宅受験を出来るのが便利で良いですね。

2位 お菓子作りインストラクター

日本インストラクター協会(JIA)が主催している資格です。洋菓子に関するさまざまな知識を有していることが認定されます。お菓子作りには様々な器具が必要となり初めての方には何に使うか分からないものばかりです。はかりや泡だて器など道具類から始まり、オーブンの選び方と使い方を理解する事も大切です。

美味しいお菓子作りは各種の道具を適切に使用することからです。基本的な洋菓子の種類を理解することで幅広いお菓子のレシピを習得できます。また、作る際の注意点なども習得することで、お菓子作りにありがちな失敗を防止できるようになります。

この資格があれば、クリームや生地などのお菓子に欠かせない素材について、作り方などの一定の知識を有していることが証明されるので就職する際にも有効です。そして、濃度や糖度といった数値、酸やグルテンなどの成分について理解できるので、基本的なお菓子だけでなく応用したお菓子も自分で考えて作られるようになります。資格取得後は、お菓子作りインストラクターとして自宅やスクールで講師活動ができるので、

  • 手に職をつけたい方
  • お家で本格的なお菓子を作りたい方

のどちらにも応えられる資格ですね。

受験料 は10,000円(税込み)でインターネットからの申込みで在宅受験が可能なので、まずは気軽に初めてみてはいかがでしょうか?

3位 スウィーツスペシャリスト

パティシエから直接、指導して欲しい人にはスウィーツスペシャリストがお勧めです。お菓子づくりの基礎から、デコレーションのテクニックまでパティシエ級の技を身につけられます。将来的に、

  • ケーキ屋さんの開業
  • お菓子づくり教室の開催
  • パティシエとしての活躍

を夢見る人は、第一歩として良いですね。専門家の指導だから、初心者でもすぐに始められるのが特徴です。この講座なら、いろいろなお菓子がつくれるようになります。ショートケーキからロールケーキ、チョコレートのお菓子、レアチーズケーキ、アップルパイなどなど全40種類以上のおいしいお菓子が作れるようになります。

目玉の一つがお店の開業ノウハウです。逆を言えば、自宅でのお菓子作りをイメージしている人には本格的過ぎるかもしれません。ですが出店を目指す人には、お店のコンセプトから店舗の探し方、機材の選び方などのお店を開業するための様々なノウハウが学べます。

受講料は、他の二つより高く64000円で6ヶ月の期間がかかりますが、独立を目指すならお勧めです。
お菓子資格  お菓子資格